2年間の単身赴任。2ヶ月に1回しか帰れず、子供のイベントに同席できず寂しい思いをする話

2年間の単身赴任。2ヶ月に1回しか帰れず、子供のイベントに同席できず寂しい思いをする話

【自分の性別】男性
【誰が単身赴任したか】
夫である自分が単身赴任

【自分の職業】(単身赴任開始時)
団体職員の総合職
【自分の年齢】(単身赴任開始時)
38歳

【妻の職業】(単身赴任開始時)
専業主婦
【妻の年齢】(単身赴任開始時)
40歳

【家族構成】(単身赴任開始時)
夫である自分、妻、女の子3歳、女の子5歳、合計4人





【単身赴任の期間】
2年

【現在】
今は一緒に住んでいる(単身赴任を終えて帰ってきた)




【子供は増えたか】
増えていない。




【決意の理由】
会社からの辞令なので断ることはできない社風のため。
また、年齢的にもポスト的にも順番で回ってくるような流れであるため。




【不安だったこと】
子供のお世話。
小さいため、妻1人では大変であると感じた。
また、大変であると裏腹に私としては可愛い時期に離れることがとてもつらく、成長みれなくなることや子供が悲しむ姿見たくなかった

【決まった時の心境】
ついにこのときがついにきたか、という気持ちと前々から覚悟はしていたことから仕方がない、という気持ちであった。
ほんの僅かだけど新天地にワクワクもしていた。
色々と遊ぶこともできるのではと期待もしていた自分もいます。




【夫婦での話し合い】
子供のことがほとんど。
また、イベントなどの時に帰れるのか、何に何回かえれるか、普段はテレビ電話などでやりとりしようなどなど。
それと妻たちもその土地に遊びに行くという話もしました。
それと親にも色々とお願いをしようとお互いに親に話をすることを話をしました。

【子供への説明】
お仕事でという風にそのままを話しました。
毎日電話できるよとか、帰ってくるよとか遊びにおいでね。
とか単身赴任先の方が栄えている土地であるため、その話もしました。

【親戚や友人への説明】
親には伝えました。
流れ的にくることは昔から話していましたが、まだ親も協力できるくらいの年齢だったため、色々とお願いもしました。




【住民票は・・・】
住民票は異動させなかった

【理由は・・・】
2年であったため、特にしなくてもいいかなという程度でした。
選挙のときには札が自宅に届くため、赴任先では投票できないところがありました。




【家電など生活必需品】
洗濯機や冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、掃除機エアコンなどはついているマンションを活用していました。
推奨もあったため。
そのまま活用しました。
細かい家電として加湿器とか、レコーダーとか、暖房器具の補足的なものについては必要性となるたびに買っていました。

【準備で苦労したこと】
辞令から着任までの期間が通常の辞令よりは早めにもらうことはできたがそれでも3.4週間程度だったため、準備もしながらの子供との残りの生活がとてもつらく感じました。
特に上の子は色々わかってきており、日が近づくにつれて泣くこともありました。




【最初の数日の不安】
宿泊の出張気分でしたが、まずは新しい勤務先とその土地になれることでした。
新しい土地に住むことは久しぶりの経験で少しワクワクしながらも、家族は寂しそうで辛かったです。

【悩みや不安に思ったこと】
子供のイベントなとをきいたときはだししめてほめてあげたいとか、誕生日などその場にいてあげられない時などとても寂しかったです。
小さい子の2年は本当に成長がすごいため一緒にいてあげるのがいいと思いました。




【家に帰る頻度】
二ヶ月に一回程度は帰れました。
盆休み、ゴールデンウィーク、年末年始の他に、三連休に加えて有給なども使いかえることが3回ほどでした。

【生活と心境の変化】
家族への感謝と愛おしさは増したかと思います。
帰った時な会える時の喜びはとてもすごかったです。
私としては、久しぶりに一人暮らしをしたような気分もあり、1人で過ごす休日などは、やりたいことをしたので、趣味という意味ではとても充実はしていました。
子育て世代は休みもバタバタしているはずなので、そのあたりは妻には申し訳ないと感じていました。
後半になると、少し伸び伸びし過ぎていたのかなと思います。
変える日が近づくとそれはそれで家族に会える喜びもありましたが、一人暮らしへの未練も出ていました。

【子供の様子】
子供は寂しがっていつかえるいつかえると聞くことが多かったです。
妻とはあったことや悩みなど夫婦間では必ず話をすること、子供とも電話などで話を聞くこと、を徹底していました、後半は子供も慣れてきており変えるたびに大喜びしてくれました。




【単身赴任中の危機】
赴任先ではそれなりの責任のあるポストでの仕事だったため、順調なときと忙しい時の格差が激しかったので、突然のトラブルもありました。
自宅に帰宅予定の前日に見込みの掴めない大きなトラブルがあったときなど、家族と会えなくなることの不安がすごかったです。
なんとか徹夜をして翌日は帰れたこともありましたが、他の代理者などもいてくれたらとてもありがたいが、単身赴任先はそうもいかないポジションのため、考え物である。




【妻のありがたみ】
妻には感謝しかない。
てのかかる時期の小さな子供2人を一人で見てくれていたのは感謝以外に表せない。
私のいない中、子供の入園準備とか病気の看護など、本人も風邪をひくこともあったのに、とても頑張ってくれていました。




【良かったこと】
離れて暮らす時期があったことで家族の絆が深まった気がします。
子供もですが、妻との関係もお互い感謝を伝えることができるようになったと思います。
日常の大切さや、誰かに頼ることができる環境のすばらししを実感しました。




【子供・夫婦関係の変化】
子供との関係は最初は忘れられてしまうのではないかととても不安で、知らない間に成長して自分の知っている子供たちではなくなるのではないかとも思ってしまっていましたが、妻もよくしてくれて、ほぼまいにち連絡もとりながら、父親であり続けることができました。




【工夫と便利ツール】
スマホです。
一昔前はスマホがない時代を考えると想像すると本当に大変だっただろうと思います。
iPhoneのため、フェースタイムやライン電話などで、テレビ電話を活用しまくっていました。
また、Wi-Fiで繋いでたので、子供のイベントや遊びに行った時の動画、誕生日の動画なども妻からたまにおくってもらって元気をもらっていました。
たまに親も含めてテレビ電話で色々と家族会議みたいなこともできたので昔ほどは距離を感じることは少なくなったのかなと感じています。




【単身赴任は・・・】
単身赴任という経験があって良かった

【なぜそう思うか】
家族との関係性もうまく保つことができたので、私個人としてはキャリアアップにもつながり経験をつむことができたので、一組織人としてはマイナスになることもなく、役目を果たすことができたと思っています。




【現状と未来】
単身赴任は終わりました。
2年、もしくは3年で後退なのですが、家族がいるものなどは2年で交代してもらえることも多く私の場合も後ろにちょうど良い人材もいたため、2年で終わりました。
子供が大学生くらいになる頃にもう一度行ってもいいなと思ってます。
子供にも同じ地区の大学にいってもらえたらとても楽しいのではと個人的な妄想ですが考えています。



【当時の自分へのアドバイス】
不安は大きいと思う。
とくに仕事よりも家族とくに小さな子供二人を置いていくことには子育てに積極的であればあるほど不安が大きいと思う。
でも、妻としっかり話をして妻にも頑張ってきてと言われるように話し合えば離れていても家族としての絆を深めることはできる。
単身赴任だからこそ、より子育てに参加してほしい。
そうすれば、心配していたことにはならない。