単身赴任・当時の自分へのアドバイス【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

単身赴任・当時の自分へのアドバイス【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・10人の体験談


【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任を始めるに当たって、妻を第一に考えて生活してほしい。
妻が心配で不安な時にはいつでも心的にそばにいてあげて欲しい。
妻を尊重して欲しい。
妻の話を聞いてあげて欲しい。
妻を大切にすることは自分を大切にすることにも繋がります。
安心感と喜びを妻にあげてほしいし、妻のことを遠距離だったとしても可愛がって上げてほしい。
【単身赴任開始時】
自分23歳・妻24歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
まず、結婚を急いではいけない。
単身赴任がある程度決まっているのに結婚するなんてもってのほか。
出来れば3年間独身で過ごし、その間に別れてしまうならその程度の関係。
だって結婚したって結局別れることになるんだから。
だから、親族、友人、相手などの話をよく聞いて、自分の気持ちだけで決めないで
将来のことを考えながら決断して欲しい。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻25歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
・暇な時間をパチンコ等のギャンブルに使わず、将来のための自己投資に使いましょう。
・妻に心配をかけないような生活をしましょう
・家事のスキルを上げれる期間は今しか無いので精一杯成長しましょう。
・一人で過ごせる時間も貴重などで、休日に昼まで寝たりせず、時間を大切にしましょう。
・今のうちに色々な場所に訪れ、人生経験を積んでおきましょう。
 
【単身赴任開始時】
自分25歳・妻23歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
炊事も、洗濯、掃除、公共料金の支払い方など人間が暮らしていくために最低限必要な知識はみにつけておく事。
美味い飯を作れたら奥さんは相当よろこぶから得意料理を身につけておくこと。
子供は凄く可愛いから子供のためにお金をちゃんと貯めておく事。
なかなか寂しい思いをするけど短い期間なんだから頑張れよ。
目覚まし時計買っておけ。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻27歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
初めてのフィリピン生活で、色々と不安を持っているが、行ってみると意外と何とかなるのであまり気負わないでください。
妻も本当にあなたのことを想っていて、浮気とかの心配は一切いりませんので、現地での仕事や生活を思いっきり楽しんで下さい。
手足口病にかかってしまい症状は辛いですが、子供を授かるための試練だと思って耐えて下さい。

【単身赴任開始時】
自分28歳・妻26歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
不安はあるだろうけど、なるべくフラットな気持ちでなにが起きてもその状況を楽しんで。
嫌な人間もたくさん見るだろうけど、いろんな人がいるということを知るだけでもとても勉強になることで、何かを言われたりしたことで傷つく必要なんかない。
自信を持って、おれは会社を代表してここに来て仕事をしている、という気概を持ってやればなんでも最終的には結果が出る。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻28歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
不安要素も少しありましたが、特に気にする必要はないという事を言いたいですね。
何と言っても仕事がメインの単身赴任だし、家事に対してはなるようになったと今も感じています。
絶対に過去の自分に伝えたいことは、「一人暮らしへのワクワク感や楽しさは無い!」という事は是が非でも過去の自分に言い聞かせてやりたいと思います。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
赴任の話を聞いて嫌な気になっているかもしれないけれど
それも受け入れて行ってみればきっといい事が待っているから
がんばって行ってこいよと声をかけてあげたいです。
わからない事ばかりかもしれないけど
行って経験しなければわからない事の方が多いから
きっとこれは自分の為になるとアドバイスをしてあげたいです。
後はいつも通り体には気をつけてと。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
仕事中心の判断をすると、確実に家庭が疎かになります。
会社は個人の家庭のことはあまり考えてくれませんので、身の振り方をよく考えてほしいと思います。
現在でも、妻との家庭生活が続いていますので、単身赴任は良い選択ではありませんでしたが、悪い選択でもなかったと考えています。
出来得る限り後悔のない道を進むためにも、何事にも本気で対応してほしいです。
【単身赴任開始時】
自分37歳・妻27歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
全てのことが一人で出来る様にならねばと気負うことなく、何とかなるさと気軽に考えることです。
困ったことがあっても慌てることなく遠慮なく人に助けを求めれば良いのです。
人はみんな親切に対応してくれますし、助けて頂いたら、お返しをすれば良いのですから。
やはり、一人だけでは生きていけないことを知るべきでその良い機会かもしれません。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻35歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・12人の体験談


【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任中は1人でいる時間が多く仕事以外の時間は暇が多かったので、飲みに行く回数や娯楽でパチンコに行く回数も増えて
出費面が単身赴任する前と変わらないのではないかと思えるほどに送金してもらっていまいした。
もう少し、飲みに行く回数を減らしたり、夜など時間があれば子供とのビデオ通話に時間を使った方が良かったと思う。
仕事の付き合いも大事だけど、何のための単身赴任なのか目的を忘れてはだめです。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
睡眠時間を確保する為に家事は普段からして効率のいいやり方を予習しておくべきでした。
現地の人間とうまく円滑に仕事を回せるように、単身赴任で気を付けることをインターネットで予め調べておいたらもう少しうまくやれたかなと今になって思います。
今後上を目指していくなら避けては通れない業界ですので断らず自信もって単身赴任してもらえたらなと思います。
自分は単身赴任して後悔しておりません、早く家族との再会を楽しみに日々過ごしています。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
今電話する習慣がないので、単身赴任がはじまった時から毎日電話する癖をつかておいた方が良かったと思う。
単身赴任前、1人になるのが不安だったが、今アドバイスできるならそんなに不安がる事はなくしっかり楽しめよと言いたい。
無駄な時間を過ごさないようにしっかり計画を立てて過ごすようにすること。
できればゲームやテレビを見過ぎないことをアドバイスしたい。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
アドバイスというなら、単身赴任を楽しみなさいの一言ですかね。
間違いなくやって損をすることはないので、迷わず単身赴任をしていろいろ勉強して成長した自分を家族に見せてあげましょう。
これですね。
実際、戻ってきたときの方が家族受け良かったので。
ネガティブではなく、ポジティブな気持ちで単身赴任を乗り切るやり遂げるこれが大事ですね。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
とにかく子供といる時間を増やしておくこと。
いつでも一緒にいられる瞬間はありがたみに気づかないものだが離れると気づくことが多い。
あとはたくさんの会話をしておくこと、対面で人と話せるのはありがたいこと。
知らない土地に一人でなかなかプライベートで他の人間と会話する機会は少ない。
あとは一人暮らしの必要家具などはあらかじめ購入しておくこと。
車がないと家具運びはきつい。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
お金に苦労するので、生活費は多目に設定した方がよい。
突発的に必要になることもあるので、妻から送金してもらえる環境を整えるべき。
余分にお金をもらっておいても使っちゃう。
炊飯器は少し高くても良いものを買った方が、後々良いと思う。
家族への感謝の気持ちを忘れなければ上手く行く。
自分の時間は平日に仕事を頑張って作れ。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
自分でメリット・デメリットをしっかりと考え、決断してほしい。
家族とのヒアリングや、仕事の状況を踏まえることは勿論だが、自分が一番良いと判断し幸せになる決定をしてほしい。
自分が幸せでないと、家族を幸せにすることはできないと思うから。
何事も経験と捉え、ただ時間を持て余すのでなく、有効な時間の使い方をしてほしい。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
たくさんの知識をインプットし、アウトプットできる最高の環境です。
遊ぶのも大事ですが自分の将来像を想像し構成していくためにはうってつけの環境なので一日一日を大切に過ごしてください。
単身赴任は今後したくても簡単にはできないよ!ストレスフリーで生活できる最高の期間でした。
また家族と暮らすときに、成長した自分を見せれるようになってほしいです。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
後悔するので今からでも遅くない、転職も視野に入れてもいいからやめておけとつたえます。
楽しいのは最初の生活に慣れるまでで、慣れてしまったら虚しいだけだと。
やはり家族一緒に生活する事が何物にも変え難いことなんだと。
まぁたとえ伝えたとしても、同じ選択をしたとは思います。
運命だったんだと言い聞かせて、今の自分に納得させておりますので。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
不安は大きいと思う。
とくに仕事よりも家族とくに小さな子供二人を置いていくことには子育てに積極的であればあるほど不安が大きいと思う。
でも、妻としっかり話をして妻にも頑張ってきてと言われるように話し合えば離れていても家族としての絆を深めることはできる。
単身赴任だからこそ、より子育てに参加してほしい。
そうすれば、心配していたことにはならない。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻40歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
会社から部署異動や単身赴任を内示された段階で嫌なので辞めますといえるぐらい優秀な人材になっていればよかった。
自分に確固たる自信があればそのように返答し、会社からも引き止められて異動がなくて平穏なサラリーマン人生を
過ごせていたような気がする。
だがサラリーマンである以上、部署異動や単身赴任はつきものなので多少の我慢は必要なのかもしれない。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻39歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任は良くないと思います。
人によるので一概には言えませんが、家族がバラバラになるのは良くないと思います。
私の場合、3年で終わりましたが、長期化しておれば家族間に溝がうまれていた可能性が高いと感じました。
もし、遠方の勤務地に異動を命ぜられた場合は、可能な限り、家族揃って行くべきだと思います。
また、転職は別の意味でリスクがあるため、安易にするべきではないと思います。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻45歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・13人の体験談


【当時の自分へのアドバイス】
思っていた不安なんて、すぐなくなるよ〜。
やってみることも必要であり、人生経験が確実にプラスになるよ〜。
社会人になったら、同年代と会話するとき、単身赴任の話題に入れなくなるよ〜。
確実に、一人でも生きていくチカラがついて人としての価値も向上するよ〜。
とにかく迷っていても始まらない。
そのときがきたらやるしかないよ〜。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻32歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
家族で異動することを検討させますね。
やはり、一番困ったのは妻が倒れた時、自分が近くに入れなかったことでしたので。
普段そんなことないなんて思っている私だったので、考え方を改めさせてやりたいですかね。
家族が順調で初めて仕事に集中できるなので。
そこを勘違いしないように今の自分が過去の自分へ諭していきたいと思います。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻33歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
若いと言って無茶なことをしないように自分を常に戒めなさい。
 たくさんの誘惑があるかもしれないが誘惑に負けずに毅然とした態度で対応することが大事。
 家族に対しては常に真摯に向き合い、数少ない直接的な会話の機会をとても重要で貴重な機会として捉えて無駄にしないように心がけること。
 仕事には集中できる環境なので、しっかり頑張ること。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任が始まる前は、不安だらけでしたが、単身赴任の3年間はあっという間にでした。
仕事に家事をしていると休む暇がなく、あっという間に時間が過ぎました。
そこまで心配することは無いよと声をかけてあげたいです。
あと、休みの日をどうやって過ごすかが重要なことですので、趣味を見つけて自分の時間を大切にしろよと言ってあげたいです
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻35歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任が終わったら家族の絆がより強くなって、単身赴任して良かったと思えるよ!と伝えたいです、私は単身赴任前までは面倒だな・・・嫌だな・・・という気持ちしかありませんでしたが、単身赴任がいざ終わり自宅に帰ってみると家族が温かく迎えてくれました、離れたからこそ分かる幸せのありがたみというものがあるので、単身赴任が始まる前の自分には自信を持って単身赴任は悪いものではないよ!と伝えたいです。
【単身赴任開始時】
自分41歳・妻39歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
普段から家族への感謝の気持ちを忘れずに生活しなさいと言うことです。
日々洗濯や掃除、食事、お金の管理などを行ってもらっていますがそれがどれだけ大変なことで見えない苦労があるかと言うことを単身赴任をしなくても家族に対して感じることが重要だということです。
もちろん体験しないと分かりませんが、人の話を聞きながらでも疑似体験した方が良いと私は感じています。
 
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
・住居はもう少し安いところにした方がよい。
・他と仕事を掛け持ちしない。
・もう少し休日をどこかに出かけたり、東京のいる友人にあったりして、有意義に過ごしたかった。
・またもう少し自宅に帰る日を多くした方がよかったかも。
・あまり客先の社員と仲良くなりすぎるのは考え物だ。
一定の距離を保つべき。
・酒の飲み過ぎに注意。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
一度飲み屋にハマりかけて精神的にも経済的にも破綻しそうになりましたが、そうなる前にお金の掛からない趣味や興味を明確にしておくと良かったかも知れません。
自分の場合はジョギングから始まり、最終的には大型バイクの免許にチャレンジしてあとバイクも買っていつでも帰宅が可能になったという気持ちの余裕が生まれて乗り越えることができたような気がします。
【単身赴任開始時】
自分44歳・妻43歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
とにかく健康面が一番大事です。
メンタル的にもフィジカル的にも体調を崩してしまっては、今の生活が維持できなくなってしまうので、何よりも健康が大切だと思います。
妻とはまだまだ先が長いですが、子供たちは親の元から巣立っていくと思うので、一緒にいられる時間はより大事にしたいですし、いろいろな話をしたいです。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
最初から毎週末に帰る約束はしない方が良いです。
かなり負担になります。
また、家族も自立達で出来ることをやらずに週末にお願いすれば良いと甘えてしまい、出来ることが全く増えてきません。
あと趣味を持つと良いです。
家族も理解できる趣味であれば、なおよく、それこそ平日や週末にそれらを行う事でストレスが、解消されると思います
【単身赴任開始時】
自分46歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
赴任する前から、もっとその土地のことを調べておいた方がいい。
直ぐに行動でき、無駄な時間を過ごさなくてもいいから。
あと、税金関係の手続きは住民票を動かさなくても行った先の手続きとなるので、市役所で必要なことをしておかないと、後々やり取りが大変になる。
つい無駄使いしがちになるので、必要な物だけ買って、物を増やさないように。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
とにかくライフスタイルを早く確立した方がいい。
でも物を買う時はより慎重に買った方がいい。
できる限り生活感のないものを買う方がいい。
部屋にとにかく物を減らして考えを整理したほがいい。
そうしないとすぐに情緒不安定に陥りやすい。
一人でいる時に焦ったりしてしまうときがあるが落ち着くためにも必ず整理はしたほうがいい。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
何事もまずはやってみることです。
経験がないことには抵抗を示しがちですが、会社側から与えられた新しい生活を送るチャンスであり貴重化経験を得られるはずです。
前向きに考え積極的にやってみましょう。
楽しいことや新発見の事柄が見つかり、また、それの解決に向けた新しい工夫も色々と考える機会にもなります。
期待してチャレンジしましょう。
【単身赴任開始時】
自分48歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上