単身赴任はとても良い経験!家族みんなが成長出来ている。一生はイヤだけどね笑

単身赴任はとても良い経験!家族みんなが成長出来ている。一生はイヤだけどね笑

【自分の性別】男性
【誰が単身赴任したか】
夫である自分が単身赴任

【自分の職業】(単身赴任開始時)
電気関係
【自分の年齢】(単身赴任開始時)
32歳

【妻の職業】(単身赴任開始時)
主婦。子供が4〜5歳になるまでは就職しない。
【妻の年齢】(単身赴任開始時)
33歳

【家族構成】(単身赴任開始時)
夫である自分、妻、1歳の子供





【単身赴任の期間】
1年半経過した今も継続中

【現在】
今も単身赴任が続いている




【子供は増えたか】
増えていない




【決意の理由】
妻が一人で子育てする時間が増えるため、妻の実家に平日は妻と子供が居住。
夫である自分が休日の日のみ夫・妻・子供で会社の社宅で過ごす。
また、夫である自分の通勤時間が多いから。




【不安だったこと】
子供が小さいので、夫である自分の存在が忘れられるかも知れないという不安。
また、育児に携われないところ。

【決まった時の心境】
上記のような不安はあったが、通勤時間が大幅に減り楽になったことや、自分の時間が増えたことにより、心の余裕度が増した。




【夫婦での話し合い】
何年程度単身赴任することが想定されるのか、子供を保育園や幼稚園へ通わせるタイミング、平日の過ごし方、お金の使い方など。
また、妻の実家に住んでいる両親や兄弟の受け入れ体制などを確認。
引っ越しのタイミングや日用品の調達をどうするかの話し合いも行った。

【子供への説明】
今まで妻の両親が私たちの家に泊まりなどで来てもらっていたので、子供の世話は慣れていた。
引き続き育児に協力してもらうように家族間で話し合った。




【悩みや不安に思ったこと】
会社の寮のため、同僚が住んでいるので不安はあまりない。
しかし、やはり妻や子供に会えないのは寂しい。
子供が1歳なので、パパがいない状況が増えることによる子供への影響が無いか心配している。
実際なついていない状況である。
また、車が無いので、日用品等の買い出しをしたい時は、同僚に頼んで車を出してもらうなどする必要がある。




【家に帰る頻度】
ほぼ毎週帰っている。
単身赴任先で用事があった時のみ帰らない時があった。

【生活と心境の変化】
会社の寮のため、食事はリーズナブルで毎食食べれるし、別居手当もあるので収入面では助かっている。
仕事も、帰宅の電車の時刻に追われて仕事することも無くなり、残業も自由に出来るようになった。
帰宅してから寮で自己啓発なども自由に取組めるようになり、心理的ストレスは減っている。
子育て面では、毎日育児することの大変さを改めて感じた。
ママが日々大変な思いで育児していることをしっかりと心に留めておくようになった。

【子供の様子】
成長のスピードが速く、パパ一人居なくても十分に成長している。
アプリなどで子供の写真や動画で成長度合いを確認している。




【単身赴任中の危機】
妻に内緒で飲み会に行った(妻は飲み会に行く事を良く思っていない)。
その帰り道に酔っぱらった勢いで転倒し、自分の携帯を紛失した。
翌日の朝に紛失したことに気づき、仕方なく妻に一部始終を報告した。
妻は最初は怒ったが、一緒に携帯を探してくれた。
自転車での捜索や、一緒に飲み会に参加した友達の家に訪問し状況を確認(泥酔により記憶が無かったため)するなどして、約7時間後に農道に落ちているのを発見した。
ヒトの暖かさを感じたことは勿論、単身赴任で離れているからバレないだろうといった考えはせず、正直に話すことが大切だと感じた。




【妻のありがたみ】
毎日連絡をくれる妻の、自分を思いやる気持ちにとても有難く感じている。
休日しか帰らないので、帰っている間はお互いケンカをしないように思いやっている。




【良かったこと】
離れて気づくことが沢山あった。
単身赴任になっても、変わらず連絡をお互いしていること。
子育てが大変だということ。
また、自分の時間があることがとても貴重だということ。
その自分の時間が少ない嫁の大変さを感じれたこと。




【子供・夫婦関係の変化】
自分自身の考え方が変化したこともあり、とても良い方向に向いてきている。
妻も実家暮らしということで、リラックスできる環境で子育て出来ている。
子供も毎日大勢の大人に囲まれて暮らしているので、成長度合いが高いとも感じる。




【工夫と便利ツール】
仕事終わると時間に余裕が出来るので、自己啓発に時間を増やせた。
会社の業務に役立つ資格の勉強や、パソコンを購入しプログラミングやマクロ等の普段仕事で携わることの少ない新たな分野についての学習も行っている。




【単身赴任は・・・】
単身赴任という経験があって良かった

【なぜそう思うか】
何でもそうだが、環境を変化することで、自分の凝り固まった考えを変えるきっかけになる。
自分自身直近で結婚と子育てを経験しており、それらに柔軟な考えで臨みたいと考えていたので、とても良い経験だと感じている。




【現状と未来】
現在は充実した生活をしている。
単身赴任は転勤が発生しない限り継続する。
開始から1年半が経過しているがとても満足している。
将来は、家族と一緒に暮らしたいが、家族の状況や、仕事の状況を踏まえ(転勤が多い会社なので)、決めて行きたい。



【当時の自分へのアドバイス】
自分でメリット・デメリットをしっかりと考え、決断してほしい。
家族とのヒアリングや、仕事の状況を踏まえることは勿論だが、自分が一番良いと判断し幸せになる決定をしてほしい。
自分が幸せでないと、家族を幸せにすることはできないと思うから。
何事も経験と捉え、ただ時間を持て余すのでなく、有効な時間の使い方をしてほしい。