単身赴任による夫婦関係や親子関係の変化【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

単身赴任による夫婦関係や親子関係の変化【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・10人の体験談


【子供・夫婦関係の変化】
単身赴任が始まり、お互いを尊重する夫婦関係になりました。
近くにいると分からない妻の価値も遠くに離れてみると貴い存在であると心から実感し、今は一日でも早く一緒に住みたい気持ちで一杯です。
夫婦が一つになりお互いを大切にすることは自分の人生の質を上げる上でも必要なことだと感じています。
【単身赴任開始時】
自分23歳・妻24歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
単身赴任中に子供が出来るまでは、お互いのことを心配し、お互いの様子の報告などをしていたと思う。
妊娠が分かってからは自分が心配することはあっても妻から心配されることは少なくなっていったと思う。
妊婦の手伝いが出来ない夫だから仕方ないと思いながら生活していた。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻25歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
コミュニケーションが手段がほぼ毎日の電話でした。
会えない分、会話の内容は濃くなったように思います。
お互いどのように毎日を過ごしているか単身赴任前より事細かく知ることができていたと思います。
新鮮な感覚でした。
【単身赴任開始時】
自分25歳・妻23歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
掃除も炊事も洗濯も家のことは妻がなんでもやってくれていて、頼り切っていた。
しかしながら単身赴任を経験して働きながら家事をこなす事は本当に大変な事だと実感した。
この経験があったから妻に任せっきりではなくて少しでもできる事はやるようになった。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
単身赴任が始まって、離れていた距離や帰ることが出来るタイミングの少なさから、夫婦のお互いを思う気持ちが強くなっていったと思う。
また、子供も自分を忘れることはなく、むしろ会った時には非常になついていたように思う。
【単身赴任開始時】
自分28歳・妻26歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
妻とは一緒に過ごす時間が減ってしまいましたが、駐在手当のおかげでお金に余裕が出来るようになったので、まとまった休みをとってちょっと贅沢な旅行が出来るようになり、いろんな思いでが出来ました。
何かあれば飛行機に乗ればすぐに会えるような距離で時差もなかったので関係に影響するまでには至りませんでした。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻28歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦間の仲は良くなりましたね。
喧嘩をしないとか、よく話すようになったというよりかは、そばに居てくれるありがたみを感じるようになりました。
それは他の人ではダメで、今の嫁がいてこそ自分が好きに行動できることをありがたく思うようになりました。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
離れてしまう事は夫婦としてどうなのかと思っていましたが
思っていたよりはなんともなかったのが正直なところです。
妻が赴任先に来る事で、旅行のような気晴らしにもなっていた
と言ってくれていましたし、いい思い出になりました。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
単身赴任中は、部屋で一人のため、あまり会話がなく、毎週帰宅すると、たくさん話すことがありました。
1週間であった様々なことを話すので、楽しかったです。
そのため、夫婦関係は良好でした。
単身赴任先の観光地を巡ることも楽しかったです。
【単身赴任開始時】
自分37歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供・夫婦関係の変化】
自分で出来るものについては暗黙の了解で担当が自然に決まっています。
あとは、気がついた人間がやりこなすことが当たり前になりました。
夫婦どちらかに一方的に頼るのではなく、一応相談はしますが、やれる範囲でこなしていく。
家事も仕事もレジャーもと言った感じで。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻35歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・12人の体験談


【子供・夫婦関係の変化】
単身赴任前と比べて、単身赴任後は家事、炊事、育児を積極的にするようになりました。
今まで、当たり前ようにやってくれていたことの大変さを身を持って体験したので、
その苦労を妻だけにさせるのではなく家族としてみんなで分担して生活を送ろうとしました。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
子供が常に自分の事を話すくらい寂しがりやになってしまいました。
あとは子供が妻に対して怒られても舐めるようになってしまって、困っています。
オンライン通話をしてよく教育はしてますがやはり実際に会って話した方がいいと思いました。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦仲はあきらかに良くなった。
赴任前は一緒に暮らしていながらほとんど会話なく、自分も常に不機嫌だった。
単身赴任してからはお互いの話をすることや子供の将来はもちろんだが自分たちの将来についても話すようになった。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
お互い尊重し合える関係になりました。
単身赴任を経験することでお互いがいない時間を過ごし、お互いの必要さを感じたので常にやってもらうのが当たり前の考えがやってくれてありがとうの考えに変わりました。
非常に良い体験をしました。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
コミュニケーションをよくとるようになった。
LINEのメッセージや通話など多くなった。
学生の頃のように毎日メッセージのやり取りや通話などが行われるようになり、夫婦仲が良くなった。
また子供の成長も動画や写真で送ってくれるため遠くにいながらも成長を感じることができた。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
休日を妻や子供のために時間を使うようになっていると思う。
自分の時間は単身赴任の仕事の少し早く仕事を上がれた日に作ることができるので、家族サービスへの抵抗はない。
妻も休日を自由に行動できるようにしてあげることで、逆に感謝されている。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
自分自身の考え方が変化したこともあり、とても良い方向に向いてきている。
妻も実家暮らしということで、リラックスできる環境で子育て出来ている。
子供も毎日大勢の大人に囲まれて暮らしているので、成長度合いが高いとも感じる。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
今まではお互いに冷めていたようなところもあったが単身赴任してからはなかなか会えないので会話が増えました。
その結果愛情が深まった気がします。
子供にも会えた時はたくさん遊んであげたいという気持ちが芽生えました。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
まず、夫婦関係はかなり悪くなりました。
スキンシップは全くゼロになりました、ちょっとしたハグや肌に触れるとかも慣れてないからなのか、嫌がられて機嫌が悪くなります。
これは人によるところが大きいかもしれませんが、スキンシップは恥ずかしいという気持ちは少なからず生まれるかもしれません。
子供との関係としては、いざという時に頼られてない気はします。
ママっ子の傾向が強く感じますね。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
子供との関係は最初は忘れられてしまうのではないかととても不安で、知らない間に成長して自分の知っている子供たちではなくなるのではないかとも思ってしまっていましたが、妻もよくしてくれて、ほぼまいにち連絡もとりながら、父親であり続けることができました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻40歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦関係はよくなったと思う。
毎日顔を合わせると慣れがあってケンカになることもあったが、少し距離があることで
お互いに感謝をすることがあることを改めて認識できて感謝の言葉をかけられるようになっているので良かったと思う。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻39歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供・夫婦関係の変化】
コミュニケーションを密にとるようになりました。
毎日、電話にてその日にあったことを話し合っていました。
そして、どんなに不便でも毎週末毎に、自宅に帰り、子供と接する時間を大切にしました。
家族が一緒に過ごすという当たり前のことが、どんなに大切なことかを実感していました。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻45歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・13人の体験談


【子供・夫婦関係の変化】
正直、子どもや夫婦関係の変化は全くといっていいほどありません。
何も変わらない日常を過ごしています。
今は、単身赴任解除となっていますが、ほんとに何も変わっていません。
唯一変わった点をあげるとするならば、一緒にいる時間が増えたので会話の時間です。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻32歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦の在り方、考え方は大分変化しました。
今までは、いるのが当然で、特に問題も発生せずうまくやれていたという感覚があったのですが、いざ離れてみると困ることがいっぱいで私は家事が苦手なので妻の偉大さが分かったし、妻も私がいないといろいろやれない実態が見えてきたのでそういう面で考え方は変わりました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻33歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦関係は全く変わらず良好で過ごせた。
 子供との関係は密接という関係にはなりにくかったが、それでも大きな変化もなく子供たちは単身赴任して自分を犠牲にしてまで働いている夫を見て改めて家族のすばらしさを実感できるようになったと思う。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻40歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
単身赴任が終わってからは、夫婦関係は良くなったと思います。
特に家事を一緒にやったり、育児も一緒になって考えたりすることで、夫婦の会話も、増えたのではと思います。
子供との関係も良くなって会話も増えたのではと思います
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻35歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
私の気持ちに変化がありました、妻に対しての尊敬の気持ちが非常に強くなり感謝の気持ちしか無くなりました、以前までは妻に対して家の様々な事をやってくれてありがとうの言葉も伝えていませんでしたが、単身赴任が始まってからは電話で妻に感謝の言葉を定期的に伝えるように自然となりました。
【単身赴任開始時】
自分41歳・妻39歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
家内との関係は特に変化はありませんでしたが、娘たちとは月に1度の会話で距離感がちょうど良くなったと思います。
毎日一緒にいても私が口うるさいだけで全く相手にもされないし、このくらいの距離感がいいというのがお互いがわかったような気がします。
 
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
大きく変わることはなかった。
元々家族関係は良好で、単身赴任中も電話などで連絡を取り合った。
先にも述べたが、妻と子ども2人が単身赴任先の住居に遊びに来て、一緒に動物園に行くということもあった。
子どもはほとんど単身赴任ということも理解していなかった。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
距離ができたことでかえって思いやりの気持ちができたような気がします。
子供達とはタイミング的に親離れの時期だったので大きな問題もなく逆に伸び伸びと自分のやりたいことに集中することができたのではと思います。
親としての精神的な役割が終わり少し寂しく感じましたが。
【単身赴任開始時】
自分44歳・妻43歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦間では、より絆が強くなったように思います。
お互いに支え合う気持ちも強くなったかなあと思います。
子供たちにも、強く生きていくためには、多少の犠牲は伴うこともあると感じてくれていればいいかなと思っています。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦関係は、徐々にすれ違うことが多くなり、諍いが増えてきてます。
近くにいれば、お互いに感じないストレスも離れていると感じることがあり、離れて暮らす難しさがあります。
子供達とも近くに入れない分、週末に話すことも共通点が少ないため、変に気をつかってしまいます
【単身赴任開始時】
自分46歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
どちらかというと、私に頼り切っていたところがあったので、妻も自分でやらないといけないと、自覚が出てきたのは良かったと思います。
街内の行事とか、学校行事に出席するようになり、役割分担も変わってきました。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
特に大きな変化はないが、限られた時間の中で、またコロナ禍の中で、家族のありがたさを痛感することができた。
後、何回死ぬまでに自分の親に会うことができるのか?娘とどのくらいの時間を一緒に過ごすことができるのか?など時間の大切さを知った。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【子供・夫婦関係の変化】
夫婦関係に亀裂が入るようなことはありませんでした。
月2回程度は帰っていましたし、週の合間には電話もしていたのが良かったのかもしれません。
たまに帰った時には子供たちも嬉しそうに迎えてくれましたので、今の生活に生き甲斐を感じました。
【単身赴任開始時】
自分48歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上