子供がいるのに単身赴任!初めての一人暮らしに悪戦苦闘!1年半過ぎても帰れず妻と子供との再会が楽しみで仕方ない!

子供がいるのに単身赴任!初めての一人暮らしに悪戦苦闘!1年半過ぎても帰れず妻と子供との再会が楽しみで仕方ない!

【自分の性別】男性
【誰が単身赴任したか】
夫である自分が単身赴任

【自分の職業】(単身赴任開始時)
製造業
【自分の年齢】(単身赴任開始時)
26歳

【妻の職業】(単身赴任開始時)
専業主婦で無職です。
【妻の年齢】(単身赴任開始時)
28歳

【家族構成】(単身赴任開始時)
夫である自分、妻、4歳娘、1歳息子の計4人





【単身赴任の期間】
1年半で終了のはずが現在も継続中

【現在】
今も単身赴任が続いている




【子供は増えたか】
単身赴任が始まってから1年後に二人目の子供を出産




【決意の理由】
上司に行けと言われたら断れなかった為です。
今後管理職になっていくにあたって、必要な事だと思ったので単身赴任を承諾致しました。




【不安だったこと】
1、今まで妻にやってもらっていた家事炊事がこなせるかどうか
2,新しい場所でうまくやっていけるか
3,土地勘がない事

【決まった時の心境】
元々先輩が単身赴任を順番にしていったため、近々自分の方に話が来ると分かっていたので心構えはできてました。
そして今後の為にも承諾するつもりでいました。




【夫婦での話し合い】
本当に単身赴任するのか、場所はどこになるのか、妻自身は今まで通り働かなくて専業主婦のままでいるのか等話し合いました。
期限は1年半で終了する話だが恐らく延期になるだろうと話しました。
そして自分がいない間、子供のケアなどの話をしました。

【子供への説明】
お仕事で遠くに行ってしまうためしばらくは会えないと伝えました。
大型連休などは一時帰宅できるのでその時にたくさん遊びに行こうとお話ししました。




【悩みや不安に思ったこと】
現状コロナウイルスが流行っている為、いつ戻れるのだろうと不安に感じております。
自分がいない中子供の躾や教育を妻に全て頼んでいる為うまくやれているか考える時もあります。
普段ご飯を作る習慣がなかった為、今とても苦労しています。
クックパッドなど使用して作るときもありますが働いていると中々時間がなくコンビニ弁当に頼ってしまうので栄養面で心配です。




【家に帰る頻度】
コロナの事もあるので今は大型連休にしか帰れていません。

【生活と心境の変化】
友人とは全く会えておらず、コロナの事もあるので中々地元に帰れません。
日々自分で家事をやっておりますが、だいぶ慣れてきて効率よくやれているかなと思っています。
節約はしたいですが帰ってご飯を作る気にもなれずコンビニ弁当で済ます事も多々あります。
よくライン電話をして家族と通話してますが子供が日々こんなことがあったよと教えてくれるので楽しいです。

【子供の様子】
いつもママに怒られているせいかとても寂しがっています、次はいつ帰ってくるかすごく気になっているようです。




【単身赴任中の危機】
現場先の方とお話ししている時に急に態度がおかしくなっていき、そのことについて確認をしたら自分の方言が怒っていると感じたらしく萎縮してしまっていたとの事で、失敗してしまった事があります。
お互い住んでいた地域も風習も異なる為、当たり前だと思ってやってやったことが相手にとって違う解釈をさせてしまう事が分かり勉強になりました。
生活面で毎日自炊をするのが辛くなりコンビニ弁当で済ましていたのですが健康診断で引っ掛かってしまったのと、食費がかさんでしまったことです。




【妻のありがたみ】
今まで当たり前のように家事育児炊事をやってもらっていたが、子供をみてなくて家事炊事のみでいいのにこんなにも大変な事だとは思いもしませんでした。




【良かったこと】
まずは給与が良くなったことです、単身赴任すると手当が豊富になる為メリットを感じました。
そして自分の時間を作れることです、自分一人の家事炊事をこなせば後は自由時間の為効率よくこなせば自分の時間を作ることも可能です。




【子供・夫婦関係の変化】
子供が常に自分の事を話すくらい寂しがりやになってしまいました。
あとは子供が妻に対して怒られても舐めるようになってしまって、困っています。
オンライン通話をしてよく教育はしてますがやはり実際に会って話した方がいいと思いました。




【工夫と便利ツール】
子供が寂しがるのと、自分も子供の事が気になる為、ビデオ通話をよくしています。
気遣いに関しては、極力方言を使わないことにしています。
勘違いや認識が変わってくるため標準語で話すのが無難だと思ったからです。
節約は極力長く睡眠を取ることで電気代や間食をしなくて済みます。




【単身赴任は・・・】
単身赴任という経験があって良かった

【なぜそう思うか】
今後管理職になっていくためのステップアップだと思えばいい経験だと思います。
普段の価値観も変わりますし妻への感謝も高まりました。




【現状と未来】
去年単身赴任が終わるはずだったのですが、コロナウイルスの関係で延期になってしまっていつ終わるか見通しがつかない状況です。
単身赴任が開始して2年半が経ちそうです。
生活は効率良く家事をして自分の時間や家族とのビデオ通話の時間にしています。
将来は子供のそばに居てやって家事育児の手伝いや子供の成長を近くで見ていきたいと思います。



【当時の自分へのアドバイス】
睡眠時間を確保する為に家事は普段からして効率のいいやり方を予習しておくべきでした。
現地の人間とうまく円滑に仕事を回せるように、単身赴任で気を付けることをインターネットで予め調べておいたらもう少しうまくやれたかなと今になって思います。
今後上を目指していくなら避けては通れない業界ですので断らず自信もって単身赴任してもらえたらなと思います。
自分は単身赴任して後悔しておりません、早く家族との再会を楽しみに日々過ごしています。