単身赴任が始まって不安に思ったこと【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

単身赴任が始まって不安に思ったこと【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・10人の体験談


【始まってから不安に思ったこと】
妻に会えない寂しさや辛さを大きく感じていました。
妻とは毎日のようにビデオ通話をして疎通していましたが、実際に会って触れることは出来ないので寂しい気持ちが募っていきました。
そのような気持ちを感じるたびにお互いに頑張ろうねと励まし合いながらお互いの成長のために励まし合っています。
寂しさや不安になる気持ちもありますが、それらを受け止めながら生活しています。
【単身赴任開始時】
自分23歳・妻24歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
やはり慣れない海外生活だったため、食事すらまともに一人で行けない事、初めて従事する仕事への不安、
また、結婚してすぐのタイミングで海外赴任だったため、妻と会えない寂しさがあった。
当時は現地のインフラがあまり整備されておらず、今のようなテレビ電話等での通信が出来ずにチャットやメールなどで情報交換するしかなかった事も寂しさを増長させた。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻25歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
不安に思ったこと
・家事全般の経験が浅かったので自分にこなせるかの不安。
具体的には料理を美味しく作れるのか、部屋を綺麗に保てるか等。
・夫婦で過ごす時間が大幅に減るので、お互いの気持ちが冷めないのか不安でした。
具体的には浮気の心配もありました。
寂しさを感じたこと
・家に帰ると当然誰もいないので、単身赴任生活に慣れるまでは毎日寂しく感じました。
・休日も気兼ねなく会える友人が近くにいなかったので寂しく感じました。
【単身赴任開始時】
自分25歳・妻23歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
職場の仲間と仕事帰りに飲み会に行くことが多かったがシラフで帰った時に暗い部屋に入るのは少し寂しかったし、周りの人が家族の話をしていると、一緒にいられて羨ましいと思うことがよくあった。
普段は妻が洗濯をやってくれていたが、自分で全てやらないといけないので洗濯物を後回しにしがちでどんどんたまっていた。
掃除もあまりやらなかったので汚い部屋だった。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻27歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
渡比してから3日後に赴任地についた。
赴任地は普段日本人1人で、その他はフィリピン人であった。
会社が用意してくれた寮に住んでいたが、そこでも当然日本人1人に他はフィリピン人。
ネット回線も電話回線も悪かったので、日本語を話さない日も結構あり、本当にここで仕事・生活していけるのかという不安に毎日駆られていた。
【単身赴任開始時】
自分28歳・妻26歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
常に緊張感があって疲れていたので、帰っても家族がいない寂しさはこたえました。
また、最初はどんなところで野菜や果物を買っていいか分からず、外食が多くなってしまったので、急に体重が増えて健康管理に悩みました。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻28歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
とにかく家事が不安でした。
洗濯はいつやろうか、料理は作れるか、あまり外食はせず自炊はしたいけど果たしてできるのか?と
数日間は不安でした。
寂しさは初めは全くなかったですね。
初めはですけど。
悩みはこれと言って特にありませんでした。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
慣れない職場で、慣れない人と仕事をする事
それでいて、仕事を離れても知らない土地で
全く友達もいない上に1人暮らしなので
始めの方は全くゆっくりとする暇も無く不安やストレスを感じました。
出身の地域とは違う地域なので
話す言葉や食べ物の味など些細な事ですが違和感があったので
伝え方や食事の方時も少し戸惑いがありました。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
単身赴任が始まってから、この生活が何年続くかわからないことが不安でした。
さらに、毎週、自宅に帰宅する事が条件でしたので、交通費が心配でした。
二人で過ごす時間が減ることになるので、それを考えると寂しく感じました。
【単身赴任開始時】
自分37歳・妻27歳
【子供】子供なし




【始まってから不安に思ったこと】
不安に思うことは沢山ありましたが、いざ始まっていみると仕事の忙しさから、何とかやっていけてしまいました。
毎日のルーティンとしてこなすことさえ怠らなければ普段の生活は何とかこなせました。
風邪などひいて寝込むようなことがあれば困ったのでしょうがそういうこともなく何とか期間中は無事にやり過ごせました。
ラッキーだったのだと思います。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻35歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・12人の体験談


【始まってから不安に思ったこと】
いつも家事をこなしてくれていた妻がいなくなることで、自分で自炊や家事をしなくてはならなくなったり、
仕事で疲れやストレスがあったら子供にいやしてもらうこともできなくなり、そういう時はとても寂しくなります。
コンビニ弁当が増えることで食費が増えたり、家族でやっていたことを1人ですることでつまらなく感じたりして
慣れるまですごく苦労しました。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
現状コロナウイルスが流行っている為、いつ戻れるのだろうと不安に感じております。
自分がいない中子供の躾や教育を妻に全て頼んでいる為うまくやれているか考える時もあります。
普段ご飯を作る習慣がなかった為、今とても苦労しています。
クックパッドなど使用して作るときもありますが働いていると中々時間がなくコンビニ弁当に頼ってしまうので栄養面で心配です。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
単身赴任から帰省し家族と過ごした後、戻ると寂しさを強く感じた。
子供の動画を見ると一生に今しかない時間を一緒に過ごせていない自分を悔いた。
怪我した時(足)の通院や家事(炊事洗濯など)不便で仕方なかった。
風邪をひいた時、薬も自分で買いに行かないといけないのでつらく感じた。
体の不調は誰にも相談できないので不安に感じる事は多かった。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
右も左もわからない状況だったので、いろいろ困りました。
食事や買い物、地理もまったくわからないし、言語も話せないのでなんとか身振り手振りで意思を伝えて生活してました。
半年も過ぎると何となく話の内容が理解できるようになったのでそこからはあまり不自由しなくなりました。
ただ、ずっと帰れていないので寂しい気持ちは強かったです。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
家事が苦手だったので今まで妻にまかせっきりだったことを反省した。
慣れない土地で買い出しや食事などすべて自分一人でやるため最初はとても不安だった。
体を壊してしまったらと考えた。
しかし徐々に慣れたのでその不安もなくなってきた。
あとは帰っても誰もいないためテレビばかり無駄につけてしまい、寂しさを感じた。
にぎやかな生活が待ち遠しい。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
変な遊びをしないように、お金は生活費ギリギリをもらっている。
突発的な出費があるときは金銭的に大分厳しくなるので、お金の心配は多くある。
余計にお金を持つと使ってしまうので、出来るだけ余剰なお金は持たないようにしていたために不安になることが多かった。
食事を抑えて安い夕飯を食べているときに寂しさを感じる。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
会社の寮のため、同僚が住んでいるので不安はあまりない。
しかし、やはり妻や子供に会えないのは寂しい。
子供が1歳なので、パパがいない状況が増えることによる子供への影響が無いか心配している。
実際なついていない状況である。
また、車が無いので、日用品等の買い出しをしたい時は、同僚に頼んで車を出してもらうなどする必要がある。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
不安はなかったが一人でご飯を食べたり、寝るときなどにさみしさを感じることがあった。
実家が離島のため連休を取らないと帰れないので子供の幼稚園のイベントなどに参加してあげれないことで子供がさみしさを感じているというのがのが悩みでした。
家賃、食費、光熱費もかかる割に給料もそんなに多くなかったので単身のメリットをあまり感じれなくなりました。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
妻が精神的に不安定になって、辛いとか嫌なこととか連絡をしてくるのですが、何もしてあげられずに辛かったです。
子供に当たっている声が電話からしてくることもあり、1人で不甲斐なさすぎて泣いたこともあります。
子供が理不尽に当たられることで人格が歪んでしまわないか、でも自分は何もできない。
という葛藤は毎日でした。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
子供のイベントなとをきいたときはだししめてほめてあげたいとか、誕生日などその場にいてあげられない時などとても寂しかったです。
小さい子の2年は本当に成長がすごいため一緒にいてあげるのがいいと思いました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻40歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
仕事の環境も大きく変わり仕事内容も大幅に変わったので転職したぐらいの仕事の違いがあり、慣れてない中上司も変わり
パワハラまがいのことを言われとてもストレスを感じており、家族が周りにいない分余計に不安やさみしさを感じたことがある。
今後改善する見込みがないのがまたしんどいところでこの状態が続くと思うとやはりとてもしんどい。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻39歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【始まってから不安に思ったこと】
一番の悩みは日曜日の晩に社宅に戻るときです。
子供が嫌がるのを振り切って社宅に向かうのは、本当に苦痛でした。
本当に、3年以内で大阪に戻れないときは、転職するという決意が芽生えていました。
その決意の理由は、三重県の鈴鹿工場から、さらに大分工場に異動になる可能性を感じたからです。
ただ、大阪に別の仕事で戻れそうな動きもありましたので、期待しながら様子を見ていました。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻45歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・13人の体験談


【始まってから不安に思ったこと】
不安や悩みは、質問13や質問23のとおりです。
新しい悩みはでてきていません。
それよりも自由です。
その自由時間の使い方をうまく活用できれば、不安は解消されますよ。
意外と最初の1週間くらいだけであり、人は慣れてしまうものです。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻32歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
誰もいない真っ暗なアパートへ帰る寂しさはかなりつらかったですね。
そこから自分自炊してごはんを食べ、寝るだけの生活でした。
正直、仕事以外することがなく、最初のうちはかなり精神的にしんどかったです。
次お願いされたら断るかもしれません。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻33歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
赴任先は初めてではなかったので、土地勘は若干あったものの、住むことになったのは勤務先の単身赴任用のアパートだった。
 いわゆるワンルームで非常に狭く、休日は一人で過ごすのは非常に心細かった。
また、仕事でストレスが溜まった時も会社の同僚と飲みにいって憂さを晴らすことくらいしか解決法がなく、ストレス解消するのが大変だった。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻40歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
単身赴任は孤独との戦いでした。
元々趣味が無かったため、休日はすることがなく、休みの日は苦痛の毎日でした。
特に独り言が増えたりしていみました。
悩みは毎日の食事で、スーパーのお惣菜も飽きてしまい、何を食べればいいかわからなくなってしまいました。
こんな食生活をしていたら体に悪いと思い自炊に切り替えて見ましたが、美味しくなく悩みました
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻35歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
不安に思った事は特にありませんでした、むしろ独身時代を思い出しワクワクした気持ちのほうが大きかったです、寂しいとは感じていましたが夫婦にとってはたまにこうして離れて生活する事も息抜きになり良いのでは?と率直に思いました。
【単身赴任開始時】
自分41歳・妻39歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
家族とそうでなくともコミュニケーションがなかったから、これでさらに蚊帳の外になってしまい、単身5人が解消した後に自分自身の居場所が完全になくなっていたらどうしようかと言う不安が1番大きかったです。
特に長女、次女ともに。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
マンスリーマンションを契約してそこに済んでいた。
マンスリーマンションだから、洗濯機、炊飯器、食器など最初からいろいろそろっているので便利だったが、そのうち、洗濯や食事の準備が負担に感じ始めた。
食事が一番面倒だった。
常駐している客先の社員食堂で昼・夜済ませる事もあったが、夕食は腹いっぱい食べたかったので、買い物に出かけ肉など買いステーキにして好きなだけ食べた。
でも食事の片付けが結構面倒だった。
さみしいということはあまりなかった。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
当初は晩飯もひとりで話し相手もいないままテレビをみながらスーパーで買った揚げ物や総菜を肴に体質的に大して飲めない酒をダラダラと飲む生活が続きました。
教育費も掛かるので夜飲み歩く生活もできずストレスの解消に困難を感じていました。
そんな生活が続くと健康診断の数値も年々悪化してこのままではマズイと思い始め、週に3日程度は帰宅後にジョギングで汗を流す習慣とリズムをつくしました。
【単身赴任開始時】
自分44歳・妻43歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
私自身としては、食事のバランス、栄養バランスに不安があったので、なるべく気をつけていました。
寂しさは特に感じた事はないです。
今はLINE電話などで顔出しにしてオンラインで通話代も気にせず、つながることができるからだと思います。
やはり健康面での不安が1番大きかったように思います。
栄養面ももちろんですが、運動不足に対する対策が一人だと余計に不安を増大させていたかと思います。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
家族とのコミュニケーションの時間は、どうしても少なくなるので、些細な日常におきたことや、その時に感じた気持ちの共有はすれ違いを感じることが多々あるので、電話やメールの限界を感じます。
毎週末に自宅へ帰っていても、家族の優先順位の高いものから片付けるので、どうしてもやり残してしまうものが積み重なってしまいます。
そのような日々が続いてしまうと夫婦間での言い争いが増えてきます。
【単身赴任開始時】
自分46歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
最初は、やはり寂しさを感じました。
平日は、仕事があるのであまり感じませんでしたが、土日の休日に寂しくなりました。
油断すると、1日家から出ずに過ぎてしまうので、必ず外出するようにしていました。
家族連れを見ると、寂しくなりました。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
やはり、家に帰ると明かりがついていないのが不安というか、寂しいというかなんとなく孤独は感じた。
後、やはり勤務が連続すると、洗濯物なども溜まり気味になってしまうので、帰省したい気持ちもあるが、休みの日に生活を立て直すというか清掃する時間が必要な事。
また車で帰省するため、次の勤務の時がかなり疲れている状態での勤務が問題になった。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【始まってから不安に思ったこと】
単身生活も慣れれば何とかなるものと思いました。
自分で食事の準備と片付け、洗濯と洗濯物の干し作業や片づけ、部屋の掃除等、色々と新鮮味を感じました。
食料品は週末に纏めて買い物することにし、何件もお店を廻り、どの店で何が買え、どの店が一番安いか等、買い物にも興味を持つようになりました。
自分自身の時間が増えましたので、パソコンでのインターネット閲覧、好きなテレビ番組を独占して視聴できる点等は良かったと思います。
【単身赴任開始時】
自分48歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上