単身赴任・当時の自分へのアドバイス【残された妻の体験談】35人分まとめページ

単身赴任・当時の自分へのアドバイス【残された妻の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・3人の体験談


【当時の自分へのアドバイス】
起こっていない心配事は考えるだけ無駄。
どっちを選んでも正しい選択だったしいかに現在の状況を快適に過ごせるかに注力すべき。
ただ寂しいと思う時間は必ずあるからそんな時は相手の状況などは考えずに素直に会いたいなどの気持ちは伝える事。
お互いに気を遣って我慢していたら逆効果になることが多いからきちんと現状などは連絡しあって夫婦で考えて進んでいこう。
【単身赴任開始時】
自分24歳・夫24歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
ついて行くか迷った時に、旦那さんが単身赴任されている方に言われた「(退職した自分の)会社はあなたに何もしてくれないよ」という言葉、本当にその通りだよ、と伝えたいです。
2年間、あっという間だと思っていたけど、コロナ禍で簡単に会いに行けなくなるよ、絶対に最初からついて行った方がいろんなことに悩まなくて済むよ!と言いたいです。
【単身赴任開始時】
自分29歳・夫29歳
【子供】子供なし




【当時の自分へのアドバイス】
夫がいなくて寂しいと思うのも少しの間だし、逆に夫がいなくて一人が楽しいと思うのも少しの間。
今は頑張って仕事して、治療もして、たまに帰ってくる夫を笑顔で迎えてあげる事だけ考えて!
夫は一人だとかなり精神参るタイプだから過剰に優しくしてOK。
海外引越作業だけはとてもじゃない時間がかかるから、遊びに行くのもいいけどそれだけは後回しにしないで!
今後どうなるとかは心配しなくてもなんとかなるよ。
今の私、結構元気だから。
【単身赴任開始時】
自分29歳・夫33歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・16人の体験談


【当時の自分へのアドバイス】
「子供のためにも、お父さんが身近にいた方が良いんじゃないかな?」
「私1人で育児と家事、通学全てできるかな。」
当時は色んな不安があり、単身赴任も「今じゃなくても良いじゃない。」と怒りを感じたぐらいです。
しかし、その経験がなければ手に入らないこともたくさんあります。
今は1人の親として、どこの家庭にも負けないぐらいの子供への愛情があります。
単身赴任もこれで良かったと思える日は必ず来ます。
諦めない心が大事です。
【単身赴任開始時】
自分23歳・夫23歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
今は寂しくて辛いかもしれないけど数年後には家族4人で暮らせるから落ち込まないでね。
あと溜め込んで溜め込んで一気に不満を爆発させる時が出てくるけど、夫は伝えればしっかり理解してくれる人だから感情的に話さず冷静に伝えるようにしようね。
夫が好きな気持ちを忘れないで、みんな仲良く笑顔で暮らそう。
完璧を求めず、たまには手を抜きながらゆったりとした気持ちで生活しようね。
頑張って!
【単身赴任開始時】
自分24歳・夫30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
何事も期待しないのが1番だよ、と言ってあげたいです。
当時の自分は他力本願なところがあったので、思い通りにいかないとイライラしてしまったりしていました。
でもそれは相手に期待を寄せていたから。
自分で決めて、行動に移すことを大切にして欲しいです。
これは当時の自分だけでなく、今の自分にも言えることかなと思います。
【単身赴任開始時】
自分27歳・夫29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
夫の私生活の事で悶々と頭を悩ませるより、これからどうやって娘と暮らして行こうかな?と胸を躍らせてください。
娘の初めてにたくさん会えてとっても幸せだよ。
男は裏切る生き物だけど、子どもは愛情を注げば注いだ分いっぱい愛してくれます。
妻から母になると思えばいいのです。
夫がいない方がお世話対象が減ってストレス軽減されますよ。
【単身赴任開始時】
自分27歳・夫24歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
とりあえず、頼れるものは人でも物でもなんでも使うこと。
自分ひとりで頑張るのはムリ!
連絡がまめに返ってこないからってしつこく連絡を取ろうとしない。
疲れて寝てるだけかもしれない、という想像力を働かせること。
二重生活は思った以上に金銭的に負担が大きいので、可能であれば自分自身も仕事をするなど、収入源を作っておくと精神的にも安定する。
【単身赴任開始時】
自分27歳・夫28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
不安なこともいっぱいあるけど、半年なんてすぐ過ぎるよ。
人見知りな娘にとっても、自分たち以外の人にいっぱい可愛がってもらえるいいチャンスだよ。
パパが帰ってくる頃には子供はもちろんのこと、私自身も一回り成長できているし、いろんな人に対して感謝の気持ちをもてるような人間になれるよ。
寂しくないよ。
意外と快適だよ。
【単身赴任開始時】
自分28歳・夫25歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
なるようになる。
色々考えたところで、答えは将来にしかないので、答えに辿り着くことができない気がします。
たまには当たって砕けてもいい気がします。
もっと、人生一度きり、気軽に楽に楽しい方に考えたらよかったです。
環境が日々変わるからそれを楽しんでほしい。
イライラしてるからといってあまり強い口調にならないこと。
強く言ったら強く返ってくるから。
【単身赴任開始時】
自分29歳・夫32歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
妊娠中辛かった思い出しかないと思うけれど、ついていかなくて絶対正解だった。
何故なら、もしついて行っていたら、妊娠後期に1日で荷造りと引っ越しをして、また別の赴任先に向かう羽目になっていたから。
なんなら、縁もゆかりもない土地で一人残されて出産することになっていた可能性も大いにあるので、単身赴任は英断だった。
【単身赴任開始時】
自分30歳・夫36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任中はしんどいと思うことがたくさんあるけど、終わってみたらあっという間!え?もう2年経った?という感じ。
とにかく無理をしてはダメ、最初は頑張っていたかもしれないがめんどくさがり屋のわたしはすぐに頑張るのをやめます(笑)けど、それは正解です!無理せず自分のペースで、仕事や子育てをしてねと伝えたいです。
【単身赴任開始時】
自分30歳・夫29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
昔の自分へのアドバイスはあの時あなたが選んだ判断は正しかったよと伝えたいです。
何故なら主人についていかなかったことで単身赴任直前に妊娠が発覚し仕事を続けて産休・育休を無事取得できたからだよ!お仕事頑張って続けてよかったね。
そして実家での妊婦期間は楽でとても助けられたよ。
ひとつ注意しなきゃいけないのはあなたの旦那はやはりナイーブなので家族一緒にいないと危ういよ。
【単身赴任開始時】
自分32歳・夫32歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
最初は自分も行きたいと結構ワガママも言っているけどそんなに悪いものではなかったよ。
確かに単身赴任中不安なこともあって実家で過ごしたいとか思うけど家族の大切さを改めて感じることが出来るから不安にならず自分の時間も大切に過ごしてほしいです。
単身赴任で生活も圧迫するかと思うけどお互いに節約もできるから何も不安になることないよとアドバイスしたいです。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫37歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
子どもを連れての外出は大変だと思うけれど、単身赴任では自分の周りに頼りになってくれる人がいることが大事なので、子供を連れて外出したり、ママさんの集まりに出かけたりすることが重要だと思う。
また、ご近所には挨拶をしておくべき。
そして、自分のこと、子供のこと、困っていることなど、オープンに話してみると、だれか助けてくれる人ができるかもしれない。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
いろいろと悔しい思いやしんどい思い、ひもじい思いをするけど歯食いしばって頑張れ。
そのうち何とかなる。
お金を配偶者に依存してしまうといけない。
後々自立する準備をしておけ。
仕事スキルを忘れないように少しずつ勉強しておけ。
配偶者以外の人に頼れるスキルを身につけろ。
配偶者は頼りにならないぞ。
自分は自分、ひとはひと。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫35歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
新居に引っ越す時は1階に住むのはやめた方がいいということ。
引っ越す前は虫対策はしっかりすること。
パパの状況をいつも以上にしっかり把握する事。
子供達と一緒に単身赴任先に遊びに行って、どういう所で生活して仕事しているのか確認すること。
離れて生活しているからといって割り切った生活をしすぎない事。
最初は不安だけど、なるようになる!
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
孤独?独身に帰る?「単身赴任」という言葉はさまざまな意味を持つように感じられますが、子どもがいてもいなくても、夫婦がそれぞれ一人の生活をもつことによって、お互いにこれまで知らなかった新鮮な時間が展開されるし、自分を客観的に観る機会も与えられると思います。
長い人生の中で、そんな生活の一時期があってもいいのではないでしょうか?
【単身赴任開始時】
自分37歳・夫32歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【当時の自分へのアドバイス】
うちの場合、海外孤立ワンオペ勝手に単身赴任だったのですが。
やっぱり勝手に単身赴任決めた時点で慰謝料でももらって離婚してこどもと二人日本に帰るべきだった。
単身赴任乗り越えたら良いことあるわけでもないし。
2歳だったから子供の記憶から父親を抹消したかった。
私は鬱っぽくなり性格がきつくなってしまった。
子供ごめん。
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫38歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・16人の体験談


【当時の自分へのアドバイス】
夫の負担を減らす努力をもっとできたかもしれない。
経済的にも節約できるところは節約していけてたらなと思う。
自分の願いや希望だけではなく、夫の願いももっと受け入れてあげられる広い心があったらよかったかも。
また、せっかくの夫の単身赴任先への旅行を何回か断ってしまっていた。
赴任先はコロコロ変わるので新しい発見をするためにも子供たちの成長のためにももっといろんな所へ連れて行けばよかったと思う。
【単身赴任開始時】
自分30歳・夫36歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
「心配だけど、乗り越えなかったら見えない景色があるよ。」と言ってあげたいです、家族全員に。
単身赴任を経験してから、大変なこともありましたが、家族みんな成長できたので。
夫婦もお互いを改めて大切に思えたいい機会でした。
これから単身赴任で不安な思いをしている方のも伝えたいくらいです。
単身赴任は悪くないですよ。
【単身赴任開始時】
自分34歳・夫37歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
家事は楽になるから子育ては大変だけど頑張って。
あとコミュニケーションは頻繁にとるようにしないといけない。
電話やメールはこまめに。
とくに子供のことに関してはきちんと報告する。
子供にも頻繁にパパに電話をさせるようにする。
たまに帰ってきたときには優しくしてあげる。
仕事の話も聞いてあげる。
などをアドバイスします。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫41歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
とにかく夫を信じて!!離れていても大丈夫。
子供たちと一緒に日々楽しく暮らせるように頑張って下さい!最初は寂しいし不安もあるかもしれないけど、この単身赴任は家族にとってとても良い経験になると思います。
必ずプラスになっているので安心して下さいね。
子どもたちにもたくさんお手伝いしてもらって1人で頑張りすぎないようにして下さい。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫38歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
この後いろいろなものが壊れますが、時間をかけて修正・修理されますので、ひとつ心身を穏やかに保ちつつ、構えておきましょう。
あと、おやつはいつも通りのものを定量食べるだけにとどめましょう。
朝のウォーキングの習慣は、精神安定のためにいいので、ぜひ続けておいてください。
ついでに言うと、赴任が終了した後に全く別の病気にかかってやめざるを得なくなるので、●●(スポーツ)の練習はもう行かなくても問題ありません
【単身赴任開始時】
自分37歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
不安で不安でしかたなかったけど、どうにかなるものです。
普段とかわらぬ生活をこころがけて、子供のことをしっかり見てあげましょう。
子供も子供なりに親のふとした行動や心境を読みとって、自分なりに何かしようと働きかけてきます。
そして、知らぬ間に自分なりの責任感を持って行動できるようになってます。
義両親との関係には少し疲れますが、特に義母からしたら、可愛い息子が海外で暮らしているのは心配でしかたないことです。
大きな心を持って接してあげてください。
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
家電製品の耐年数と保険関係、ケータイの契約などは自分で把握しておかないと困ります。
以前のように作り置きをすると、ずっつ同じものを食べる羽目になります・・・
買い物は子供を連れて行くと荷物が持てなくなるので居ないときにすませましょう。
自分だけが辛くてしんどいと思わずに、相手のことも想像できる心の余裕を持ちましょう。
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫32歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
子どもを心配する人が多いかと思いますが、子どもは親が思っているよりしっかりしています。
父親がいないことでメンタルが壊れるような事はないかと思います。
安心して欲しいです。
困り事や悩み事、コミュニケーションのとり方などもインターネットが普及したこの時代ならなんとでもなります。
却って旦那がいなくても清々するわ笑くらいの気持ちで楽しんでください
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫43歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
自分一人で抱え込まずに周りを頼ること。
親や主人の両親、そして単身赴任先の主人。
友達。
そして自分の子供。
まだ子供ではなく、小さくても子供はしっかり見てるんだよ。
ママはすごく頑張ってる!もっと僕たちを頼りにしてと。
なんでも自分が頑張らばないと!ではなく、少しは甘えていいんだよ。
周りは応援してくれているんだから。
【単身赴任開始時】
自分39歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
自分は少し鬼嫁みたいなところがあり、基本、夫には無関心で、役割分担をしたら、あとは放置放任、会話は文句の時だけ・・・というような雰囲気でした。
今、少し柔らかく、さらに夫へのリスペクトの気持ちも増えて、いい感じの丸みのある夫婦関係になっているのですが、離れてみて初めて改善できる夫婦関係ではなく、昔からもっと良い夫婦になるために努力していたら良かったのになと思いました。
そうすれば、もっと色々整えて、単身赴任にも送り出すことができたのに・・・・と反省したりもしました。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
昔の自分へのアドバイスは、家事が少し楽になるけれどもやはり子供にとって精神面が良好でいられるのはお父さんが必要だと感じました。
なので父ちゃん元気で留守が良いと言いますが私にとっては留守は寂しいので家事が楽できたのはご褒美だよーとアドバイスしたいです。
昔のその時にめちゃくちゃ楽をしてくださいと付け加えたいです。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
ちゃんと自分ですべて頑張ってできるから、大丈夫。
不安に思う前にまず行動。
いざとなったら、ちゃんとしっかり動くことができるから必要以上に緊張したり、恐怖を感じることはないからねと励ましてあげたい。
泣いても、焦ってもなにもかわらない。
どんと構えて、くるなら来てみろという強い気持ちでいれば、すべてうまくいったからねと言いたい。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫43歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
すみません、夫が単身赴任して寂しいとかいう感情は当時も今も全くないので・・・。
何をするべきか?はやはり、家のセキュリティ関係の問題です。
子供を危険から守れるか?その一点です。
そして、嫌でも、夫とはコミュニケーションをとらなきゃいけないよ、最小限でも・・・って事ですかね・・・。
電話がかかってきて、嫌そうになるべくするなとか・・・。
頑張れ!と言いたいです。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
子供の事がとても気になると思うけれど、引っ越してみたら意外となんとかなるものだと思う。
下の子供は1学期の間全く話をしなかったみたいだが、前に住んでいる所よりも学習レベルが低いことに気が付き、クラスで上位に入れる。
夫はしばらくうつだけど、元気になるので心配しなくても大丈夫。
上の子も色々あるが、今はとても幸せそうなので大丈夫だよ。
【単身赴任開始時】
自分43歳・夫43歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
頑張っていれば、いつかきっといいことがあるからべ。
とにかく我慢をするんだよ。
無駄にはならないから。
もう少しの辛抱だよ。
くじけないで頑張るんだよ。
未来は楽しいことがたくさん待っているからね。
かわいい犬と素敵なお家でみんなで仲良く暮らせるから、期待していてね。
お父さんも料理の腕を上げて美味しいご飯を作ってくれるよ。
【単身赴任開始時】
自分44歳・夫45歳
【子供】子供が小学生以上




【当時の自分へのアドバイス】
単身赴任が始まる前の自分に大丈夫頑張らなくていいんだよ、素直でいいんだよ、気楽に構えよう、ポジティブにとらえよう、と教えてあげたいです。
好きで選んだわけではないのでお互い話し合い解決できることがあると思うので、あまり考えこまないでいいんだよ。
噂好きのママ友の関わり合いはこじれると面倒なので要注意です。
【単身赴任開始時】
自分46歳・夫52歳
【子供】子供が小学生以上