単身赴任が決まった時の心境【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

単身赴任が決まった時の心境【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・10人の体験談


【赴任が決まった時の心境】
決まった時は具体的に考えられていなかったので、実感はあまり湧いていませんでしたが、単身赴任する日にちが近づくにつれて実感が湧いてきて心配なことは増えていった。
【単身赴任開始時】
自分23歳・妻24歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
自分の意向が通った嬉しさ半分、海外での生活への不安が半分。
また、急遽決まったため、準備期間の短さへの不安もあった。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻25歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
会社から転勤を告げられた時は正直、絶望的な気持ちでした。
籍を入れて一年足らずで、結婚式もまだこれから計画を立てて進めて行こうしている状況であった為、人生の計画が全て狂いました。
【単身赴任開始時】
自分25歳・妻23歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
地元から出て生活をするのが初めてだったのでワクワクする楽しみな気持ちと新婚で妻を家に残している申し訳ない気持ち
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻27歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
どこかのタイミングでフィリピンへ赴任することはわかっていたのだが、まさか結婚したタイミングで赴任が決定するとは思わなかった。
会社は非情であると思った。
【単身赴任開始時】
自分28歳・妻26歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
会社内での大抜擢的な雰囲気だったので、これまでの仕事が評価された喜びがありましたが、徐々に生活に対する不安や妻と離れて暮らさなければならない寂しさを感じるようになったのをよく覚えています。
ただ、基本的にはやる気に満ちていました。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻28歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
不安もたくさんありましたがどちらかと言うと楽しみの方が大きかったです。
実家暮らしの時に今の妻と結婚したので一人暮らしの経験がなかったので、
いい意味で「家でやりたい放題!」って気持ちでワクワクしていました。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
結婚して間もないのに単身赴任になったので寂しかった。
妻を実家に住まわしてしまう事になってしまったのでご両親には申し訳なかった。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
会社の事業所が全国にあるので、赴任先が決まったときは、会社員としての階段をのぼる上で逆らうことは出来ない心境でした。
そのうえ、共働きであるため、夫婦で一緒に赴任先に行くということは、妻が退職することを意味します。
赴任期間が不明瞭であったことから、致し方なく単身赴任を選択しました。
【単身赴任開始時】
自分37歳・妻27歳
【子供】子供なし




【赴任が決まった時の心境】
何もかもすべて一人でこなすことが出来るかが不安でした。
経済的な面も含めて不安だらけと言った方が正しいと思います。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻35歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・12人の体験談


【赴任が決まった時の心境】
決まったからにはやるしかないと思いました。
行きたくない気持ちもあったし、家族の時間<仕事となってしまうが出張手当で少しでも家計が楽になるのであれば
頑張ろうと思いました。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
元々先輩が単身赴任を順番にしていったため、近々自分の方に話が来ると分かっていたので心構えはできてました。
そして今後の為にも承諾するつもりでいました。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
家族と離れるのはさみしかったけど、今の環境を変える一歩を踏み出した自分を褒めた。
不安はあったが、ワクワクもあった。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
正直、家族の為にやるしかないと思ってました。
もちろん離れ離れになるのは嫌でしたが、将来の為に頑張ろうと思いました。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
以前から上司より相談があったが、実際に決まったときは不安だった。
子供が生まれたばかりで妻に負担が大きくかかると感じたから。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
妻の精神的なストレスがとても不安だった。
出来るだけ連絡を取って不満を聞き出そうと考えていた。
反面自由が楽しみな部分もあった。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
上記のような不安はあったが、通勤時間が大幅に減り楽になったことや、自分の時間が増えたことにより、心の余裕度が増した。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
決定当初はアパート選び、家具、家電選びなど新鮮で楽しみだった。
仕事以外はすべて自分の時間に充てられるので不安な感情は一切なかった。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
子供に会えない事が悲しい。
このままパパの存在を忘れてしまって懐いてくれなくなってしまうのでは無いか。

でもたまに会った時にいっぱい優しく接してあげれば大丈夫だ!心配するな自分!という気持ちが最も大きかったです。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
ついにこのときがついにきたか、という気持ちと前々から覚悟はしていたことから仕方がない、という気持ちであった。
ほんの僅かだけど新天地にワクワクもしていた。
色々と遊ぶこともできるのではと期待もしていた自分もいます。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻40歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
会社の勝手な決定に従わざるを得ないサラリーマンの宿命をみせつけられた。
そこで自分も会社を辞めることができなかったので自分のサラリーマンとしての
能力のなさも感じた。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻39歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【赴任が決まった時の心境】
他の工場も含めて、異動の辞令が出る可能性はあったので想定はしていましたが、家族の負担を考えると嫌でした。
三重県、愛媛県、大分県に工場がありましたが、まだ大阪から一番近い場所だったので、少しは負担が少ないのではと考えるようにしていました。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻45歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・13人の体験談


【赴任が決まった時の心境】
生活を守っていくために、自身のキャリア形成を考える中で、やるしかないの一言です。
早かれ遅かれ単身赴任をやらなければいけないという未来は分かっていました。
ただ、13でも記載したように、不安はつきものでした。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻32歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
正直、家族と離れるのはつらかったです。
ただ、家族のために稼ぐしか道はないので我慢していくことを決意しました。
そんな悩まずに結論出すことができたので、最初だけ、気持ちがうかない感じでしたが、すぐ気持ちを切り替えることができました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻33歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
前任の海外からすでに自宅からは通勤できない距離の事務所に異動と決まっていたので、覚悟は出来ていたが、不安はあった。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻40歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
商社の営業職であるため、転勤が多く、いつかはその日が来るとは思っていました。
実際に転勤が言い渡されると、今後のことや、娘のことなど色々と悩む時間が無かったため、すんなり決まっていきました。
転勤は覚悟していたので、予め家族で考える時間があったことが良かったと思います。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻35歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
率直に嫌だなと思いました、赴任先は私が勤めている会社の支店だったのですが、支店の営業管理が上手くいってなく業績が伸び悩んでいるから管理サポートしてくれと単身赴任が決まりました、内心なぜ私が・・・と不満しかありませんでしたが、会社の決定には逆らえないので我慢するしかありませんでした。
【単身赴任開始時】
自分41歳・妻39歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
1人で生活する事は全くイメージができず、非常に辛い思いがありました。
休みの日などはどのような生活をし、食事をどうしようかなど全てが不安でした。
もちろん二重生活でお金がかかることも問題。
ライフスタイルを大きく変えることに対する不安がとにかく大きかったです。
 
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
単身赴任、自分の場合は客先常駐であるが、それまで客先に常駐して仕事をしたことがなかったため、客先の職場環境に溶け込めるだろうかと不安がよぎった。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
周囲に単身赴任の先輩後輩がたくさん居たので、いよいよ自分もその時が来たかとすんなりと覚悟を決めました。
【単身赴任開始時】
自分44歳・妻43歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
頑張らなくてはという思いが大きかったです。
自分が転職した事で家を離れることになったことを妻が受け入れてくれたことにも感謝しかないと思っていた。
上の子供もチャレンジをするタイミングだったので、私自身もチャレンジを楽しもうと思って頑張ろうと奮起していました、
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
そろそろ転勤してもおかしくない時期だったので、伝えられた時の動揺はありませんでした。
場所もそれほど遠くはなかったので、落ち着いて受け入れました。
しかし、家族、特に妻は受験直前の転勤に対して少なからず不安に思っていたと思います
【単身赴任開始時】
自分46歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
まさか自分が、派遣されるとは思っていなかったため、正直ショックでした。
しかし、交代で周りの人は行っているため、断ることはできませんでした。
ただ、関わるプロジェクトが大きかったことから、自分の経験を積むチャンスになると、少し楽しみな部分もありました。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
いつかは必ずくる話だと思っていたので、簡単に受け入れられた。
しかし新規オープンだったこともあり、ストレスがかかる中で一人で過ごす不安はあった。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【赴任が決まった時の心境】
初めての単身赴任は48歳の時でした。
入社後、転勤は必ずあると聞いていたものの、10年以上無かったので、無いものと安心していたのですが、突然の辞令でびっくりすると共に、家族への説明や引越準備等、面倒なことが起きたなと思いました。
【単身赴任開始時】
自分48歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上