単身赴任での工夫と便利ツール【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

単身赴任での工夫と便利ツール【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・10人の体験談


【工夫と便利ツール】
単身赴任中に役立ったサービスはLINEのビデオ通話とフェイスタイムです。
コミュニケーションをする上でお互いの顔を見て意思疎通することがとても重要だと感じました。
日常の些細な出来事を共有し、お互いが感じていることを共有することは関係を深めていく上でとても重要です。
【単身赴任開始時】
自分23歳・妻24歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
チャットを活用しながら毎日のコミュニケーションはとっていた。
食事は平日は出来るだけ現地のものを食べ、休日に日本食など自分の気持ちが落ち着く料理を食べていた。
趣味はネットゲームぐらいしかなかったため、必死で日本のレンタルサーバーを探し、休日は一日ネットゲームをしていた。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻25歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
貯金が目的であったので、安い食材などで食費の節約を意識しました。
安くておいしい料理レシピが身につきました。
休日は時間が余っていたので、一人でドライブや好きな映画など自分の意志のみで楽しムトができました。
無料LINE通話は言うまでもなくお世話になりました。
【単身赴任開始時】
自分25歳・妻23歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
一昔前だと通話するのは普通に電話番号を使って通話をしていて料金も高かったけど、今はLINEがあるので、妻とのコミュニケーションはLINEでとっていた。
声が聞きたくなってもお金の事を気にしないで話せるので非常に重宝した。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻27歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
LINEが非常に役立ったと思う。
ネットワーク回線が改善してからは、LINE電話で妻とよくビデオ電話をして子供とのコミュニケーションをとった。
また、動画も送ってもらって子供の様子を知ることができて良かった。
【単身赴任開始時】
自分28歳・妻26歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
毎日外食や接待で体調管理がうまくできなかったので、料理のアプリなんかを見てしっかり野菜をとるようにしていたら、料理の楽しさに気付いてかなりいろんな料理が作れるようになりました。
あとはアプリのサービスでよく妻とビデオ通話をしながら食事をとったり一緒にお酒を飲んだりするようになりました。
携帯電話やパソコンがこんなに便利な時代で良かったよねえなんて話をよくしました。
ネットでの買い物も簡単に出来たので、妻の好きなものをオンラインで買って届けたりするようにもしていました。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻28歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
名前は忘れましたが、仕事着を洗濯した後にシワを無くすアイロン代わりのようなスチーマー?がすごく便利だと思いました。
ハンガーに衣服を掛けながらそのスチームを掛けるとまるでアイロンをかけたようにシャキッとした仕上がりになる優れものでした。
製造業と言えどお客さんの前に出てお話をすることもあるので、身ずぼらしい恰好ではダメなので、と言っても毎日アイロンをかけてなんて
一人暮らしの経験の無い私ができるわけもありませんし、大変重宝しましたね。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
生活の工夫は、安いスーパーを探したり、美味しいお店を探したりと
知らない土地を知れるようにしようとしました。
より知れるように職場の方や
マッチングアプリなどを活用し
人と出会えるようにしていましたが
マッチングアプリは誤解をうむ原因となりかねないので
すぐにやめました
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
 単身赴任中は、スマートフォンのラインをよく利用していました。
電話代が無料でしたので、テレビ電話をよく利用していました。
そのため、自宅と単身赴任先の距離は離れていましたが、連絡が取れないような自体にはなりませんでした。
 たまに、妻が観光をしに単身赴任先まで来てくれます。
そのようなときは、帰り際に作り置きとして複数の料理が冷蔵庫に入っていました。
そのため、思った以上に食べ物で困ることはありませんでした。
【単身赴任開始時】
自分37歳・妻27歳
【子供】子供なし




【工夫と便利ツール】
当時携帯はありましたが、スマホなど無い時代でしたから、今に比べれば不便な点は数多くありました。
携帯電話での通話はもとより、宅配便はかなり頻繁に活用したでしょうか。
時間指定で物を運んでくれるサービスは大いに助かりました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻35歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・12人の体験談


【工夫と便利ツール】
・ビデオ通話で暇な時間に通話することで、子供との時間を増やしたり、
外に出ることでお金を使ってしまうので、減らすためにビデオ通話を使用しました。
・一人暮らしではシャワーの使用頻度がどうしても多くなってしまっていたので、体を洗う時にはシャワーを出しっぱなしにしないなどしていました。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
子供が寂しがるのと、自分も子供の事が気になる為、ビデオ通話をよくしています。
気遣いに関しては、極力方言を使わないことにしています。
勘違いや認識が変わってくるため標準語で話すのが無難だと思ったからです。
節約は極力長く睡眠を取ることで電気代や間食をしなくて済みます。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
暇な時間が多く、知り合いいない土地なので、(ジモティー)や(スポーツやろうよ)を活用しコミニュティー広げた。
1人の時間を有意義にするために購入したps4やfiresticktvは時間潰しには最適だった。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
自分が身の回りの情報や知識がなかったもので食事の作り方や炊事洗濯の方法まで独学で学びました。
その学び過程で節約術を自分で編み出し、実施して浮いたお金で家族にプレゼントを買うという別の楽しみができました。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
工夫したことは時短になるグッズを片っ端から購入した。
食洗器やカップラーメンなどのインスタント食品や冷凍食品。
食洗器は本当に時短になるので単身の人にはおすすめ。
また外食もいいがインスタントを活用すると帰宅時間が早くなる。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
単身赴任先が何回か変わったので、大型のスーツケースが役に立った。
家具付きのアパートを会社が用意してくれるが、炊飯器と小型の電気ストーブは絶対に手放せない。
写真のやり取りにSNSはとても役に立った。
休日に作った惣菜を赴任先へ持ってくようになった。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
仕事終わると時間に余裕が出来るので、自己啓発に時間を増やせた。
会社の業務に役立つ資格の勉強や、パソコンを購入しプログラミングやマクロ等の普段仕事で携わることの少ない新たな分野についての学習も行っている。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
乾燥機付きの洗濯機は時短の面でもかなり重宝しました。
食事も休日に作り置きなどをしてコンビニ利用を減らす工夫をしました。
一人だとお風呂に長く入れるので色んな入浴剤などを使いリラックスできた。
仕事柄時間が合わず電話がなかなかできないのでラインで動画を撮って送りあった。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
たまのビデオ通話の時に、子供達が喜ぶおもちゃを準備したり、妻から何か相談された場合は、真摯に対応する事です。
仕事中でも手を止めて、家族の問題を解決することを優先して行動する事です。
たまにしか存在感を示せないので、少しのチャンスを活かすイメージです。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
スマホです。
一昔前はスマホがない時代を考えると想像すると本当に大変だっただろうと思います。
iPhoneのため、フェースタイムやライン電話などで、テレビ電話を活用しまくっていました。
また、Wi-Fiで繋いでたので、子供のイベントや遊びに行った時の動画、誕生日の動画なども妻からたまにおくってもらって元気をもらっていました。
たまに親も含めてテレビ電話で色々と家族会議みたいなこともできたので昔ほどは距離を感じることは少なくなったのかなと感じています。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻40歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
できる限り毎日フェイスタイムで映像で家族と自分の近況を話をするようにしている。
その意味でビデオ電話はとても有効につかって便利なものになっている。
家賃も2か所払わないといけなくなったのでできる限り余計なものを買わないよう節約には心がけている。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻39歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【工夫と便利ツール】
単身赴任中に気になるのは金銭面と食事です。
朝食は、6枚切りのパン一斤(100円)で1週間もたせました。
昼食は会社の食堂ですので考える余地はありませんが、夕食も食堂をつかえましたので、安くて栄養バランスの良い定食(360円)を食べていました。
晩は、早く電気を消して寝ていました。
光熱費を削減できるからです。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻45歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・13人の体験談


【工夫と便利ツール】
食事の工夫は、冷凍が最強です。
郵送でおくってくれるときもあれば、帰省したときに持っていくこともあります。
料理をしない(できない)自分にとっては、レンジでチンするだけで家庭の味が味わえるのは、とっても良く役立ちました。
道具やサービスに関しては、もともと利用することがなく、シンプルな生活、ものが少ない生活をしているため、特に感じてはいません。
ビデオ電話は単身赴任になって初めて利用しました。
子どもが喜んで参加しています。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻32歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
単身中はとにかく節約の毎日でした。
基本、赴任手当は出るもののそんなに多くないので何も考えず使ってしまうと金額オーバーしてしまうので毎日食べるもの・お金の使用金額を記録してました。
家計簿みたいなイメージで。
少しでもお金余らせて家族のために使ってあげたい思いもありましたので。
基本はごはん食べて寝るのみ、ごはんは自炊、たばこお酒もやめて極力お金使わない生活を実施してました。
そのおかげでお金溜まりました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻33歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
食事については週末は自炊だが平日は当初は外食に頼ることが多かったが、健康を考えて、デリカテッセンや総菜店を利用して栄養バランスの良いメニューや食事を摂るように心がけた。
 週末は運動不足解消を兼ねて自転車を購入しサイクリングをするようになった。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻40歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
単身赴任中は家族とのコミュニケーションを取るために、ビデオ電話をよくしていました。
コミュニケーションは非常に大事だと考えていたため、ビデオ電話を使えば毎日会えているきもちになれました。
ビデオ電話があって良かったです
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻35歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
特にありませんでした、赴任先でも基本的な生活は赴任前と変わりませんでしたから、単純に料理を作るのが面倒な時にはデリバリーを利用したり、赴任先には車は持って行かなかったので休日にドライブがしたいなと感じた時はレンタカーを借りてドライブに出かけたりという感じでした、その他には何も工夫等は一切しませんでした、平日は仕事ですし休日は大抵家でのんびり過ごしていたので、工夫する必要があまりありませんでしたので。
【単身赴任開始時】
自分41歳・妻39歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
お金に関して非常にシビアになりました。
例えば、ペットボトルのお茶は外で買わずに自分自身で全てお茶は作るものであるお金に関して非常にシビアになりました。
例えば、ペットボトルのお茶は外で買わずに自分自身で全てお茶は作るものである。
、お昼ご飯に関しても朝から自分でご飯を炊いたおにぎりを作る、晩御飯は500円以内で何とか収めると言った自分自身に命題を貸して生活をするようになりました。
もちろん、単身赴任解消してからは全くなくなりましたか。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
スーパーや外食に出かけたりするのに、自転車を購入したのはよかった。
通勤時に最寄り駅まで、自転車で通うことが多かった。
また、住居はマンスリーマンションにしたこともよかった。
新築で費用は高く付いたが、家電製品などが最初から揃っていたのでとてもよかったと思っている。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
パソコンと連携したIP電話で通話と環境を整えました。
携帯電話も普及していましたがまだガラ系主体でした。
食生活では休日に米を炊いて小分けの容器に冷凍保存して毎朝電子レンジで解凍して食べました。
外食はなるべく避けてスーパーでの買い物を意識しました。
【単身赴任開始時】
自分44歳・妻43歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
小分け用のタッパーは大量に買いました。
週末に食材を買い込み、切り分けて、調理しやすいようにしていました。
野菜をとにかく切り分けて冷凍して、それを炒めたり煮たりして、時短で料理できるようにしていました。
LINE電話で画面オンにして通話は、結構していました。
通話料が無料なのも良かったです。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
生活費を節約するため買い物は、コンビニを使わずスーパーを中心にしてます。
また、新幹線は、ネットで購入することで割引きやポイントが付き、そのポイントを在来線に利用することが出来るので、細かいようですが、役立っております
【単身赴任開始時】
自分46歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
やはり、ビデオ通話ができたことは、大きかったです。
毎日、顔を見ながら話すことができて、家の様子なども目てみて把握することができたので、安心できました。
ただ、毎日話していると、だんだんネタが無くなってきて、誰も喋らなくなってしまうこともありました。
また、こちらは一人で3人を相手にするため、1時間くらいカメラの前から動くことができず、流石に毎日だと辛くなってきました。
だけど、そんなことを言えるわけもなく、毎日が修行のようでした。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
基本はライン通話やFaceTimeなどを使ってできる限り、食事時間などを一緒に取って共有した。
自分だけのためではなく、家族との一緒に入れる時間を大切にしたいと考えた結果だったと思う。
以外と自分自身は、一人の部分も楽しんでいた。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【工夫と便利ツール】
単身赴任先の部屋は1DKであり、狭い部屋を有効活用するべき、家具の置き場、家電機器の設置場所等を工夫しました。
テレビは据え置きでは場所をとるので、壁に吊り替える方法で設置しました。
また、食事に関しても安い材料で、早く作ることに心掛け工夫しました。
材料調達には色々な店を廻り、材料毎に安い店を探しました。
洗濯物の干し方、畳み方等にも工夫をしました。
家族生活では気もしなかったことに関して、自分でやってみるとその大変さが身に沁みました。
【単身赴任開始時】
自分48歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上