単身赴任直前・子供への説明【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

単身赴任直前・子供への説明【赴任した夫の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・10人の体験談


【子供について】
子供をいつ生むのか、子供を生んだあとにどのような生活をするのかを話し合いました。
また子供の育て方についても議論しました。
【単身赴任開始時】
自分23歳・妻24歳
【子供】子供なし




【子供について】
当時子供はいなかったため、海外での単身赴任が終わった後に子供を作ろうと話し合った。
お互い何人が理想なのかも話し合った。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻25歳
【子供】子供なし




【子供について】
子供はいなかった為、「子作りは一緒に住んでからしよう。」という意見が一致しました。
お互い今すぐに子供が欲しい訳ではなかったのであっさりと決まりました。
【単身赴任開始時】
自分25歳・妻23歳
【子供】子供なし




【子供について】
当時子供は居なかったし、直ぐに欲しいとも思ってなかったし、妻からもそういった類の話をされた事はなかった。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供について】
赴任直前は子供はいなかった。
フィリピンで一緒に生活しようと話していたので、赴任が終わってから子供を作ろうと話していた。
【単身赴任開始時】
自分28歳・妻26歳
【子供】子供なし




【子供について】
その当時、まだ子どもを作るつもりはなかったので、子どもについてはおいおい授かることが出来ればラッキーだくらいのことを話しました。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻28歳
【子供】子供なし




【子供について】
子供はいないので夫婦で他愛無い話を交えながら単身赴任を決意しました。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供について】
子供はまだいなかったし、子づくりを考えていたので
少し遅れてしまう事について。
子づくりをするにあたり離れていてもできることは何か。
【単身赴任開始時】
自分30歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供について】
子供がほしいけれど、単身赴任が長くなる場合はどうするのか、子供が出来なかった場合は、どのような生活を選択をするべきかを話し合いました。
あまりにも単身赴任が長い場合は、一緒に生活していくことが正しい選択なのかを話し合おうということになりました。
【単身赴任開始時】
自分37歳・妻27歳
【子供】子供なし




【子供について】
もともと子供がいなかったので特に配慮することはしませんでしたが、お子さんのいる家族では大変重要なことだと思います。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻35歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・12人の体験談


【子供への説明】
パパは家族を守るために旅に出るね!と言いました。
いざ、単身赴任の出発直前は手を振って見送ってくれました。
子供が小さいのであまり理解してるような感じではありませんでした。
【単身赴任開始時】
自分24歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
お仕事で遠くに行ってしまうためしばらくは会えないと伝えました。
大型連休などは一時帰宅できるのでその時にたくさん遊びに行こうとお話ししました。
【単身赴任開始時】
自分26歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
子供は小さかったので話したりはしていない。
ただ周りにも(親戚)単身赴任者がいたのでなんとかなるだろうと話した。
【単身赴任開始時】
自分29歳・妻29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
パパは外国に行って工場長になるんだよと説明。
なぜか子供は喜んでました。
パパが偉くなるという言葉に反応したのだと思います。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻26歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
子供はまだ言葉が理解できない年齢だったので、妻と子供の育て方について話し合った。
2年間子供の生活をどうやり抜いていくかを話し合った。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
仕事で平日は帰れないことを話した。
子供からは何でうちのパパは毎日帰ってこないの?と聞かれた。
仕事だからごめんとしか言えなかった。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
今まで妻の両親が私たちの家に泊まりなどで来てもらっていたので、子供の世話は慣れていた。
引き続き育児に協力してもらうように家族間で話し合った。
【単身赴任開始時】
自分32歳・妻33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
子供には○○ホテルで仕事をしたいからお父さんだけ○○市に住むね。
と率直に伝えました。
子供の反応は『分かったー』とあっさりしていました。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
子供は当時2歳と0歳だったので、理解しておりませんでした。
そもそもパパの存在を認知してなかったのではないかと思います。
【単身赴任開始時】
自分35歳・妻34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
お仕事でという風にそのままを話しました。
毎日電話できるよとか、帰ってくるよとか遊びにおいでね。
とか単身赴任先の方が栄えている土地であるため、その話もしました。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻40歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
子供にはとても辛い思いをさせた。
会社の仕事で家を離れなければならない説明をしたが、幼稚園児にはなかなか理解ができず、泣いていたので本当に親としてもつらかった。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻39歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【子供への説明】
子供はちいさかったので、二重生活の意味は理解していなかったと思います。
休日には必ず帰ってくると説明しました。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻45歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・13人の体験談


【子供への説明】
当時は2-3歳でしたので話していません。
【単身赴任開始時】
自分31歳・妻32歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
子供にはストレートに伝えました。
最初はびっくりしてましたが、帰ってこないわけではないのでそこはすぐ理解してくれて単身赴任に対し、賛成してくれるようになりました。
本音は嫌だったんでしょうけど、子供たちも大きいのでわかってくれたみたいです。
【単身赴任開始時】
自分38歳・妻33歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
日本に帰ってきたが子供たちはこれ以上自分の都合で引っ越しを繰り返すよりは一か所に定住して生活した方が良いと説明した。
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻40歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
そのまま、仕事で単身赴任になったと伝えました
【単身赴任開始時】
自分40歳・妻35歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
仕事で2年間単身赴任する事になったからとストレートに伝えました、子供は高校生でしたから既に単身赴任の意味は分かっていたので予想以上に息子はサッパリとした感じで、あっ!そうなんだ!というリアクションでした。
【単身赴任開始時】
自分41歳・妻39歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
私が単身赴任することについては全く気にもしていませんでした。
むしろ口うるさい私がいないことを喜んでいたような。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
「ちょっとお父さん、仕事で東京にしばらく行ってくるわ」の説明で、子どももよくわからず「はあ」という感じだった。
それまでもいろんなところに出張が多かったので、あまり気にならなかったのだろう。
【単身赴任開始時】
自分42歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
精神的に手が掛かる時期は無事に過ぎて、進学等でお金が掛かるタイミングだったので、単身赴任が決まったことを報告すると、特に寂しい様子もなく元気な声で「いってらっしゃい」と見送られ、父親としての精神的な役割は終了したことを悟りました。
【単身赴任開始時】
自分44歳・妻43歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
新たなチャレンジをすることの大切さを説明して、そのために多少の犠牲があるが、それが延々に続く訳ではないことを話したと思います。
ある程度の年齢なので、特に問題はなかったように思います。
【単身赴任開始時】
自分45歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
食卓に全員が揃った時に話しました。
転勤をすることや離れて暮らすことは、あまりピンときてなかった様子で、動揺することもありませんでした。
【単身赴任開始時】
自分46歳・妻41歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
一番悩んだのは、子供にどのように伝えるかでした。
上の男の子には、すぐに話しました。
復興の仕事なので、やらなければならないと、理解してくれました。
また、家を守ってくれとお願いしたときは、ぐっと心に感じるものがあったようです。
下の女の子は、小学校4年生だったので、ギリギリまで話さないでおこうと決めていましたが、クリスマスの日に夫婦で話しているところを聞いて、何かを感じたのか、何が起こっているのかしつこく聞いてきたので、話しました。
かなり、長い時間泣いていました。
ショックだったみたいです。
家族全員揃って、話してやれば良かったと後悔しました。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
すでに大学進学の状態だったので、本人の生活環境を優先しての状態であることを説明した。
本人もその辺はよくわかったおり、特に問題はなかった。
【単身赴任開始時】
自分47歳・妻42歳
【子供】子供が小学生以上




【子供への説明】
その時は大きな反応は有りませんでした、引越し準備をしているときには寂しそうな顔をしていました。
また、実際に家を出る日は下の女子は泣き出していました。
【単身赴任開始時】
自分48歳・妻44歳
【子供】子供が小学生以上