【息子が1歳で夫が単身赴任】幼い子のいる単身赴任は不幸しか見えない。離婚危機は続く

【息子が1歳で夫が単身赴任】幼い子のいる単身赴任は不幸しか見えない。離婚危機は続く

【自分の性別】女性
【誰が単身赴任したか】
夫が単身赴任し、妻である自分は残る側

【夫の職業】(単身赴任開始時)
飲食
【夫の年齢】(単身赴任開始時)
38歳

【自分の職業】(単身赴任開始時)
専業主婦高齢出産の子を子育て中
【自分の年齢】(単身赴任開始時)
38歳

【家族構成】(単身赴任開始時)
夫、妻自分、男の子2歳





【単身赴任の期間】
2年で終了

【現在】
今は一緒に住んでいる(単身赴任を終えて帰ってきた)




【子供は増えたか】
増えていない




【決意の理由】
夫が勝手に決めた。
本当になんの相談もなく決めたから理由は知らない。
なんで言わないか聞いたら、怒るから言えないらしい。




【不安だったこと】
・ワンオペ育児
・重い買物
・生活費が余分にかかること

【決まった時の心境】
うちの場合は夫が相談もなく勝手に決めてこちらから聞くまで報告もなかったので怒りしかなかった。
決まったときは子供が1歳台だったので許せなかった。




【夫婦での話し合い】
うちの場合は夫が勝手に決めて険悪になっていたので話し合いはなかった。
生活費についても単身赴任に行った後にラインで考えを一方的に伝えてきた。
車については持っていこうとしていたのを説得してこちらに残してもらうように話した。

【子供への説明】
子供は幼かったので説明はしなかった。
もともと夜子供が寝る時間に父親は家にいなかったので子供も気づいていなかったと思う。




【悩みや不安に思ったこと】
幼い子のワンオペ育児は不安だったが、もともとワンオペだったので特に変わったことはなかった。
当時最高に夫のことを嫌いになっていたので寂しさは全くない。
むしろいないとストレスがなくイライラは減った。
子供のイヤイヤ期が始まってやっぱり全て1人はきつかった。
当初は妙にやる気があり1人で完璧に育児しようと張り詰めていた。




【家に帰る頻度】
月1程度帰ってきた。
自分の予定がある時はそれ以上帰ってきた

【生活と心境の変化】
もともとワンオペ育児だったのでそれほど変わらなかった。
2重に生活費がかかるためこちらの食費も少なくされた。
(我が家は夫が家計を握っている)全部手作りすればまあ足りるけど、外食やテイクアウトする余裕はない金額を食費として渡されたので、疲れても手抜きはできなかった。
娯楽費なんてもらっていないので、娯楽は夫が一緒の時のみ。
結婚なんてしたことを後悔した

【子供の様子】
物心ついたら父親は家にいなかったと思う。
パパはいつ帰ってくるの?じゃなくて、いつ来るの?と言っていた。




【単身赴任中の危機】
もともとワンオペでしたが子供が病気になった時はヤバいです。
食材にしても薬にしても、子供を置いては買いにいけないので病気でしんどい子を連れていかないといけない。
さらにもれなく私にうつって二人で病気。
本当に辛かったので夫にその週末くらいは帰ってきてと頼んでも、本人がもともと予定していた週末以外は帰ってこない。
夫は反応薄く心配もしていなかったでしょう。
心境は怒りしかなかった。
1人で頑張るしかない。
ただ近くにいても助けないだろうから、いて何もしないのと比べると心境はマシだと思う。




【夫のありがたみ】
すみません、もうあの夫に感謝はありません。
上記のような病気等で人手の必要なときは、帰りに○○買ってきてと言えば買ってきてくれるのは助かるかも




【良かったこと】
いないと足音や咀嚼音等の不快な音が聞こえてこないのがよかった。
いないと余計なストレスを感じずにすむ。
単身赴任先で住んでるアパートを利用してその土地に観光にでかけられたのはよかった。
子供も行くのを楽しみにしていてよかった。




【子供・夫婦関係の変化】
出産前後から夫のことはだいぶ嫌いになっていたが、こどものイヤイヤ期に勝手に決めて育児放棄したことは今も許すことができない。
子供は物心ついたときにいなかったからそれほどパパ好きでない様子。
幼いうちに離婚をする予定だったがコロナで機会を逃してしまった。




【工夫と便利ツール】
子供の写真をGoogleフォトで共有してあげた。
ワンオペだったら食洗機を買うべきだった。
工夫というか、疲れていたので子供の寝かしつけと同時に寝るようにしていた。
寝かしつけ前までに食器をなんとか終わらせていた。




【単身赴任は・・・】
単身赴任がない方が良かった

【なぜそう思うか】
とにかくイヤイヤ期のワンオペ育児がキツかった。
単身赴任以前もワンオペだったけど穏やかに子育てできていたのに、完全1人だと怒鳴ってしまうようになった。




【現状と未来】
単身赴任は終わった。
今は休みの日は家事育児に協力するようになったけど、当時の怒りを消化することができない。
子供に手がかからなくなったら単身赴任してほしい。
将来の夢は離婚して子供がひとり立ちした後は一人で暮らしたい。



【当時の自分へのアドバイス】
うちの場合、海外孤立ワンオペ勝手に単身赴任だったのですが。
やっぱり勝手に単身赴任決めた時点で慰謝料でももらって離婚してこどもと二人日本に帰るべきだった。
単身赴任乗り越えたら良いことあるわけでもないし。
2歳だったから子供の記憶から父親を抹消したかった。
私は鬱っぽくなり性格がきつくなってしまった。
子供ごめん。