単身赴任で感じた夫のありがたみ【残された妻の体験談】35人分まとめページ

単身赴任で感じた夫のありがたみ【残された妻の体験談】35人分まとめページ

<コンテンツ>

当時・子供はいなかった・3人の体験談


【夫のありがたみ】
改めて夫の寛大さに感謝した。
赴任先についていくかの話にも出たけれど私の好きなようにしていいよと
全てが肯定的で応援してくれるのはすごいことだなと思う。
一緒にいてくれるだけで安心できるだとかそう言った面で偉大な人だと思えた。
【単身赴任開始時】
自分24歳・夫24歳
【子供】子供なし




【夫のありがたみ】
夫に会うことがかなり私のストレス発散になっていたのだなと実感しました。
とにかく会いたい、ずっとそんなことを考えていました。
離れていても毎日きちんとメールや電話で連絡を取ってくれたことにはとても感謝しています。
【単身赴任開始時】
自分29歳・夫29歳
【子供】子供なし




【夫のありがたみ】
毎日当たり前のように一番近くにいる人がいなくなる事の悲しさからくるたまにあった時のうれしさ
一緒に住んでいた時よりお互いの状況が見えない分、自分も夫も相手に優しさとおもいやりが持ちやすかったなと思います
【単身赴任開始時】
自分29歳・夫33歳
【子供】子供なし




当時・妊娠中〜園児の子供がいた・16人の体験談


【夫のありがたみ】
今まで一緒にいたのは恋人期間を含めて3年程でしたが、やはり旦那は頼りがいのある人なんだということを赴任後実感しました。
【単身赴任開始時】
自分23歳・夫23歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
2人目の出産が近くなった時「子どもは毎日顔も出来る事も変わるのにそれを近くで見れないのは悲しいししっかり育児参加をしたいから」と単身赴任をやめると言ってくれました。
単身赴任をやめれば収入が減るのですが、生活費よりも家族を優先してくれたのがとても嬉しかったです。
ずっと1人で子どもを見てきたので側にいてくれるだけで心強いし安心感があります。
まだ子どもを見ずに携帯を見る時はありますが、泣いたら駆けつけて抱っこしてくれたり一緒に遊んであげたりととても頼れるパパになってくれました。
【単身赴任開始時】
自分24歳・夫30歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
夫と子育てができていた期間は、とても尊い時間だったと思います。
家族は一緒にいるのが1番だと思います。
【単身赴任開始時】
自分27歳・夫29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
女性問題を起こしていたので、一生懸命身の潔白を毎日証明してくれました。
マメな夫ではないのですが一生懸命伝えてくれて気持ち的にありがたかったです。
【単身赴任開始時】
自分27歳・夫24歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
単身赴任赴任当初は、自分だけが寂しくて、夫は1人で仕事だけしてればよくて、なんなら気軽なんだろうな、と思ったこともあったが、1人で戦ってたんだろうな、仕事で疲れて暗い部屋に帰って1人でごはん食べて、って、とても寂しくてツラいことを、家族を養うために頑張ってくれてたんだな、と思うと感謝しかない。
【単身赴任開始時】
自分27歳・夫28歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
子供がちょうど歩きだした頃だったので、外遊びに連れて行ってあげられないのは本当にかわいそうでした。
たまに帰ってくると二人で公園に出かけて思いっきり遊んできてくれたので、その点では本当にありがたかったです。
【単身赴任開始時】
自分28歳・夫25歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
離れて必要性がわかった。
近くにいてくれた方が安心する。
育児も家事も協力しないといけないと思ったらしく、今では頑張ってます。
【単身赴任開始時】
自分29歳・夫32歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
毎日朝昼晩と連絡をしてくれ、週末には溜まった家事と買い出しに行ってくれた。
動けない私に代わって、なるべく日持ちのするご飯を作り置き足してくれて、本当に頼りになる夫だと思った。
次回からは意地でもついていこうと決意した。
【単身赴任開始時】
自分30歳・夫36歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
わたしが1度だけ熱を出してしまったことがあって、実家も遠く頼る人がいなかったのですが、夫が飛行機のチケットをすぐに取って帰ってきてくれた時はびっくりしました。
ただ、本当にありがたかったし嬉しかったです。
【単身赴任開始時】
自分30歳・夫29歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
夫がいなくなって改めて気づくことは家族という有り難みだと思います。
ムカつくこともあったけど一緒にいて話し合っていろいろと乗り越えてきたんだなと思います。
【単身赴任開始時】
自分32歳・夫32歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
離れる前までは好き勝手飲んで人を呼んでは騒いで育児も家事も手伝わないと思っていましたが、実は意外と育児や家事をやっていてくれてた事に気づきました。
離れなかったら気づくこともなかったので、感謝の気持ちが持てて良かったと思いました。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫37歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
どうしても一人では手が足りないことがある。
その時にだれかがいてくれることのありがたみをしみじみ感じた。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫34歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
転職してまで収入を安定させようとしたこと。
今まで賃貸だったが分譲マンションを買って子育て環境を落ち着けることができた。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫35歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
毎日顔を合わせているとイライラする事も多いですが、離れているといてくれることのありがたさをとても感じました。
自分の体調が悪い時や頼りたくても頼れない状況の時は困るので、普段一緒にいてくれて子供達の面倒を見てくれたり遊んでくれる時はありがたかったです。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫33歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
結婚後、夫がさまざまな意味で私を思いやってくれていたことが、離れて暮らすようになってしみじみ感じられたことです。
食後の食器洗いや洗濯物をたたんでくれるなど、ちっぽけでさりげない日常的なことばかりでしたが…。
【単身赴任開始時】
自分37歳・夫32歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




【夫のありがたみ】
すみません、もうあの夫に感謝はありません。
上記のような病気等で人手の必要なときは、帰りに○○買ってきてと言えば買ってきてくれるのは助かるかも
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫38歳
【子供】妊娠中〜園児の子供




当時・小学生以上の子供がいた・16人の体験談


【夫のありがたみ】
離れていてもいつでも思いやってくれて、家族のために必死で働いていてくれることに本当に感謝している。
そんな姿は子供たちにもちゃんと伝わっているようです。
【単身赴任開始時】
自分30歳・夫36歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
夫は一人で家事をすることの大変さを知り、私に改めて感謝したと言っていました。
私も、夫がいるだけで安心できる事を改めて感じました。
【単身赴任開始時】
自分34歳・夫37歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
離れて暮らしているからこそ、帰ってきたときに子供たちが嬉しそうにしているのをみると、パパの存在は大きいなと思うし、疲れている中、時間をかけて帰ってきてくれてありがたいなと感じるようになりました。
一緒に暮らしているとなかなか思えないかもしれません。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫41歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
主人がいた時は子どもたちを連れて遊びに行ってくれたり、留守番をしてくれて夜飲みに出かけたりしていました。
色々と助けてもらっていたなと離れてからしみじみ感じました。
【単身赴任開始時】
自分35歳・夫38歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
元々遠距離恋愛を経て結婚しましたので、夫がそばにいる事のありがたみは感じていたはずなのですが、やはり結婚後数年もたつとそれがやや薄れてしまうのですね。
これを反省し、夫のありがたみを再実感できた貴重な経験だったと思います。
【単身赴任開始時】
自分37歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
夫が単身赴任を決めたことの一つに給料のアップがあるとのことだったので、それについては感謝しかありません。
会社の命令とはいえ、海外赴任をすることは大変なことだと思うので、仕事に専念できる環境を整えてあげること、健康に気を付けてあげることをしてあげたいです。
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
傷つきやすいけど自己中な夫ですが、いつでも私を一番に考えて行動しようと本人なりに頑張っていることに気づいて感謝しています。
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫32歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
1年に1度会うかどうかわからない家族のために家のローンや光熱費を文句も言わず支払ってくれていることに感謝しています
【単身赴任開始時】
自分38歳・夫43歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
私の体調が悪い時、子供が病気になったとき、必ず飛んで帰って来てくれます。
その時、とても安心する自分がいます。
ずっと一緒にいると、当たり前に思うことも、離れていると本当にありがたいことだなと身にしみて感じます。
【単身赴任開始時】
自分39歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
家電が壊れたり、子供たちの進路のこと、家の管理などは夫がしていました。
ときめいたり、大切に思ったりすることが全然なかったのですが、夫がいなくなって初めて「これは夫がしてくれていたんだ」と気づくことが多くなり、人生のパートナーとして夫の存在と夫が果たしていた役割に感謝しました。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
夫への感謝の気持ちは毎日持ち続けていますが、単身赴任している夫も1人で自炊などしていることもとても大変だと思っているのでまた家族のために一生懸命仕事をしてくれているので感謝しかありません。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
体調が悪かった時は特に、主人がいてくれたらなあと、ありがたみを強く感じたし、威厳がある存在がいるのといないのとでは、子供のしつけにも影響がでてくるのだなあと実感しありがたく感じた。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫43歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
自分の具合が悪くなった時、息子の事で夫に助けてもらえない事はとても不便だと思いました。
あとは、車でちょっとした事故を起こしてしまい、夫がいてくれたら・・・と思いました。
【単身赴任開始時】
自分40歳・夫40歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
今まで、一緒にいるのが当たり前だと思っていたり、いない方が楽だと思っていたが、一緒に住むようになって、とても感謝するようになった。
子供も父親がいる方が引き締まった感じがして、助かった。
単身赴任がなかったら感謝しなかったと思う。
【単身赴任開始時】
自分43歳・夫43歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
当たり前だと思っていたことがそうではないと気付きました。
ヒーターの灯油がなくなっても誰も入れてくれないし、朝起きてもコーヒーが出てくることもないし、前は何とも思わず、当たり前だと思っていたことが実はとてもありがたかったなと思うようになりました。
【単身赴任開始時】
自分44歳・夫45歳
【子供】子供が小学生以上




【夫のありがたみ】
気持ちが優しい主人は感謝の気持ちを言ってくれたり帰ってきた時はお皿洗いやお風呂掃除など積極的にやってくれる。
 
【単身赴任開始時】
自分46歳・夫52歳
【子供】子供が小学生以上